【夏の季語】アロハシャツ/アロハ

【解説】アロハは、ハワイの最も日常的なあいさつ。アロハシャツは、1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイみやげとして作られるようになった。開襟シャツで、パイナップルとかヤシとか、南国っぽい柄が描かれていることが多い。

【関連季語】夏シャツ、白シャツ、開襟シャツ、サングラスなど。

【アロハシャツ】
アロハ着て竜虎の軸を売り余す 木村蕪城
アロハ着て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る