夏の季語

【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)

アロハは、ハワイの最も日常的なあいさつ。

アロハシャツは、1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイみやげとして作られるようになった。

開襟シャツで、パイナップルとかヤシとか、南国っぽい柄が描かれていることが多い。


【アロハ(上五)】
アロハ着て竜虎の軸を売り余す 木村蕪城
アロハ着て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟

【アロハ(中七)】
迷子センターアロハの父が謝り来 北大路翼

【アロハ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】緑蔭
  2. 【夏の季語】シャワー
  3. 【冬の季語】節分
  4. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  5. 【春の季語】春寒し
  6. 【冬の季語】花八手
  7. 【春の季語】春雪
  8. 【新年の季語】人日

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  2. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  3. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  4. 【冬の季語】数え日
  5. 【冬の季語】室の花
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  8. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  9. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  10. 【春の季語】鶯

Pickup記事

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  3. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  4. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  5. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  6. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  9. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  10. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
PAGE TOP