夏の季語

【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)

アロハは、ハワイの最も日常的なあいさつ。

アロハシャツは、1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイみやげとして作られるようになった。

開襟シャツで、パイナップルとかヤシとか、南国っぽい柄が描かれていることが多い。


【アロハ(上五)】
アロハ着て竜虎の軸を売り余す 木村蕪城
アロハ着て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟

【アロハ(中七)】
迷子センターアロハの父が謝り来 北大路翼

【アロハ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蒲団(布団)
  2. 【秋の季語】団栗
  3. 【春の季語】木の根明く
  4. 【夏の季語】噴水
  5. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  6. 【冬の季語】冬蟹
  7. 【春の季語】浜下り
  8. 【夏の季語】夏館

おすすめ記事

  1. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  2. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  3. 【新年の季語】人の日
  4. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  5. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】
  6. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  7. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  8. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  9. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  10. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  2. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  3. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  4. 【冬の季語】鴨
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  6. 【夏の季語】入梅
  7. 【秋の季語】小鳥来る
  8. 【春の季語】復活祭
  9. 【夏の季語】蛇
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
PAGE TOP