季語・歳時記

【新年の季語】松飾る

新年の季語(1月)】松飾る

【ミニ解説】

「松飾」をとりつけること。「松立てる」「門松立つ」ともいう。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【松飾る(上五)】
松飾る病者ばかりが相寄りて 古賀まり子

【松飾る(中七)】

【松飾る(下五)】
音もなき暮しの門に松飾る 中村汀女
常ならぬ世にありこれの松飾る 三橋鷹女
吾を見る墓石の前に松飾る 百合山羽公
釘をもて打てば足るなる松飾る 安住敦
霜天の脳裡に青き松飾る 三橋敏雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】朝顔
  2. 【冬の季語】冬
  3. 【夏の季語】ごきぶり
  4. 【冬の季語】冬林檎
  5. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  6. 【冬の季語】冬蝶
  7. 【冬の季語】寒
  8. 【冬の季語】雪掻く

おすすめ記事

  1. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
  2. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  3. 【冬の季語】息白し
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  5. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  6. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  7. 【春の季語】海苔
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  9. 【新年の季語】餅花
  10. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

Pickup記事

  1. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  4. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  5. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  6. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  8. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  10. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
PAGE TOP