季語・歳時記

【新年の季語】松飾る

新年の季語(1月)】松飾る

【ミニ解説】

「松飾」をとりつけること。「松立てる」「門松立つ」ともいう。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【松飾る(上五)】
松飾る病者ばかりが相寄りて 古賀まり子

【松飾る(中七)】

【松飾る(下五)】
音もなき暮しの門に松飾る 中村汀女
常ならぬ世にありこれの松飾る 三橋鷹女
吾を見る墓石の前に松飾る 百合山羽公
釘をもて打てば足るなる松飾る 安住敦
霜天の脳裡に青き松飾る 三橋敏雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枇杷の花
  2. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  3. 【新年の季語】歌留多
  4. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  5. 【夏の季語】夕立
  6. 【秋の季語】八月
  7. 【春の季語】旧正
  8. 【春の季語】三椏の花

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】梅早し
  2. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  3. 【春の季語】白椿
  4. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  5. 【冬の季語】寒晴
  6. 【秋の季語】秋の空
  7. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  10. 【冬の季語】煤逃

Pickup記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  2. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  3. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  4. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  7. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  8. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  9. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  10. 【春の季語】梅
PAGE TOP