季語・歳時記

【春の季語】蝶生る

【春の季語=初春(2月)】蝶生る

」は春の季語。「初蝶」というと、春にはじめて目にした蝶を指すが、「早春」にいよいよ蝶が生まれる時期になったことを感慨深く示す季語が「蝶生る」である。まだ完全には春らしい景色のなかで見つける蝶は、冬と春のあわいにあって、独特の感覚をもたらす対象となる。

現行教育の送り仮名にそって「蝶生まる」と「ま」を送ることもある。


【蝶生る(上五)】
蝶生るゝことに木挽の身のほとり 飴山實
蝶生る女人高野の森の奥 有馬朗人
蝶生まれ翅をひらきぬ西東 鷹羽狩行
蝶生る樹々は根方に日を集め 北杜 青

【蝶生る(中七)】

【蝶生る(下五)】
明日香路の今日限りなく蝶生れむ 能村登四郎
流雲の穂に高山の蝶生れ 上田五千石
大切な人の掌蝶生る 辻内京子
山頂は人待つところ蝶生れ 津川絵理子 
蝶々のあそぶ只中蝶生る 髙柳克弘

【ほかの季語と】
布団干す妻の辺に蝶生れけり 草間時彦



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬蟹
  2. 【冬の季語】枯野
  3. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  4. 【春の季語】巣箱
  5. 【春の季語】花粉症
  6. 【春の季語】春一番
  7. 【冬の季語】小春
  8. 【春の季語】野遊

おすすめ記事

  1. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  3. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん
  6. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  10. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明

Pickup記事

  1. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  5. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  6. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  7. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  8. 【夏の季語】夏木立
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  10. 【春の季語】春二番
PAGE TOP