季語・歳時記

【春の季語】蝶

【春の季語=初春〜晩春(2月〜4月)】蝶

「蝶」の一語で春の季語になります。のちに紹介するさまざまな先例に支えられ、華憐さ、春のよろこび、夢・幻想の世界に誘うあやしさなど、広く豊かなイメージを持っています。

蝶にはいくつかの偉大な先例があります。「蝶々蝶々菜の葉に止れ/菜の葉に飽たら桜に遊べ」にはじまる唱歌(野村秋足作詞)。また、夢で蝶になったのか、蝶の夢として自分があるのか分からないとする荘子の「胡蝶の夢」。さらに、安西冬衛の名高い詩

  春
てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた

は、「てふてふ」と「韃靼海峡」のイメージの重なりが美しいです。また、ジュール・ルナール『博物誌』には

二つ折りの恋文が、花の番地を捜している(岸田國士訳)

という機智に富んだ短詩があります。俳句においては「蝶々のもの食ふ音の静かさよ」(高浜虚子)、「方丈の大庇より春の蝶」(高野素十)などが有名です(後者は「蝶」に「春の」をわざわざつけた句としても有名であり、かつきわめて例外的です)。


【蝶(上五)】
蝶の飛ばかり野中の日かげ哉 松尾芭蕉
蝶々のもの食ふ音の静かさよ 高浜虚子
蝶になる途中九億九光年 橋閒石
蝶々のあしおと残る山の空 中尾寿美子
黄蝶ノ危機ノキ・ダム創ル鉄帽ノ黄 八木三日女
すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋
蝶ふれしところよりわれくづるるか 髙柳克弘 

【蝶(中七)】
山国の蝶を荒しと思はずや 高浜虚子
夢青し蝶肋間にひそみゐき 喜多青子
濛濛と数万の蝶見つつ斃る 佐藤鬼房
人体に蝶のあつまる涅槃かな 柿本多映
蝶われをばけものと見て過ぎゆけり 宗田安正
子抱への教師に蝶の身軽さよ 楠節子
林中に蝶の道ありハンモック 村上鞆彦
ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋 
白地図へ蝶は顎(あぎと)を響(な)らしゆく 九堂夜想
つかみゐし蝶がだんだん恐くなる 松永典子

【蝶(下五)】
方丈の大庇より春の蝶 高野素十
わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹
詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎 
ペルシャより吹き流れたり蝶の紋 和田悟朗
音楽を降らしめよ夥しき蝶に 藤田湘子
美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目 
変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地 
漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子
山頂は人待つところ蝶生れ 津川絵理子 

【蝶(その他)】
蝶道や蝶に噎ぶがごとく行く 大石悦子
蝶の死を蝶が喜びゐる真昼 柿本多映
追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季 

【ほかの季語と】
飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏木立
  2. 【春の季語】春灯
  3. 【春の季語】雛あられ
  4. 【春の季語】春の泥
  5. 【冬の季語】マスク
  6. 【冬の季語】冬木の芽
  7. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  8. 【夏の季語】梅雨入

おすすめ記事

  1. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  4. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  5. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  6. 【春の季語】雛あられ
  7. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  8. 【夏の季語】蛇
  9. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  10. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋の蛇
  2. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  3. 【春の季語】余寒
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  5. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
  6. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  7. 【#33】台北市の迪化街
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  9. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
PAGE TOP