季語・歳時記

【春の季語】三椏の花

【春の季語=仲春(3月)】三椏の花

三椏は、ジンチョウゲ科のミツマタ属の植物で、中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地。

3月から4月ごろにかけて、三つ叉(また)に分かれた枝の先に黄色い小さな花を球体上に咲かせることから、その名前がある。

樹皮は和紙や紙幣の原料として用いられることもあり、春の季語としては「三椏の花」とまで言わねばならぬ(あるいは「咲く」という言葉を入れるほうがよい)というのが共通了解であるが、〈三椏や英国大使館鉄扉〉(佐藤鬼房)のように、「三椏」だけの用例がないわけではない。

万葉集には、

春さればまず三枝の幸さきくあれば 後にも逢むな恋ひそ吾妹
柿本人麻呂、『万葉集』10巻-1895

という歌があり、枝が三つに分かれるミツマタは昔は「サキクサ」と呼ばれていたと考えられている(「サキクサの」という言葉は、「三(みつ)」に係る枕詞ともなった)が、本当にそうであるかどうかの保証が完全にあるわけではない。

とはいえ、「三椏の花」は、家系図のようにどんどんと花が分岐していくかたちや、その明るい色から、春の本格的な訪れを感じさせる幸福感ある花のひとつである。


【三椏の花(上五)】
三椏や皆首垂れて花盛り 前田普羅
三椏の花に光陰流れ出す 森澄雄
三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子
三椏の花の膝下といふべしや 上田日差子

【三椏の花(中七)】
雨やさし三椏三つに咲くことも 安住敦

【三椏の花(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋の蝶
  2. 【夏の季語】蟇
  3. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  4. 【夏の季語】涼しい
  5. 【夏の季語】海の家
  6. 【春の季語】蝶生る
  7. 【夏の季語】虹
  8. 【冬の季語】冬立つ

おすすめ記事

  1. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  2. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  3. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  4. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  5. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  6. 【冬の季語】春近し
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  8. 【夏の季語】夏木立
  9. 【春の季語】屋根替
  10. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】

Pickup記事

  1. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  4. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  6. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  7. 【春の季語】猫の子
  8. 【冬の季語】浮寝鳥
  9. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  10. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
PAGE TOP