夏の季語

【夏の季語】香水

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】香水

」のにおいを消すために用いられることから、「香水」は夏の季語になっている。

昔は女性の身だしなみでしたが、今では男性も使います。

「香水」という言葉は、もともと仏前に供える香りのついた水を指しました。

液体に香料を溶かしたものが「香水」と呼ばれるのは、明治時代に入ってから。


【香水(上五)】
香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽 
香水の香ぞ鉄壁をなせりけり 中村草田男
香水の正札壜を透きとほり 星野立子
香水の香の内側に安眠す 桂信子
香水や楽譜をめくるのが仕事 栗林浩
香水やマンハッタンに昼と夜 畔柳海村
香水の男と時刻表を見る 大類準一
香水や昇降遅きエレベータ 岡本政満
香水をしのびよる死の如くつけ 恩田侑布子
香水の匂ふ庇に入りけり 伊藤麻美

【香水(中七)】
汗ばみて来て香水のよく匂ふ 中村汀女
一滴もなき香水壜の強き匂ひ 内藤吐夫
嫁ぐ友来て香水のほのかなり 斉藤洋子
うなさかへ香水一滴二滴かな 中悦子
多国籍香水六時六本木 佐川盟子
かの日より香水減らず妻の部屋 伊藤伊那男
また違ふ香水過る夜会かな 吉田千嘉子
名を忘れ香水の名を忘れざる 西生ゆかり

【香水(下五)】
あねいもと性異なれば香水も 吉屋信子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】屋根替
  2. 【冬の季語】冬の蝶
  3. 【冬の季語】冬川
  4. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  5. 【冬の季語】梟
  6. 【春の季語】白魚
  7. 【冬の季語】毛糸
  8. 【夏の季語】花火

おすすめ記事

  1. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  2. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  3. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  4. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  5. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  6. 【冬の季語】縄跳
  7. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  10. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  2. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  4. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  5. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  6. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  7. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  8. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  9. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  10. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
PAGE TOP