冬の季語

【冬の季語】年惜む

【冬の季語=仲冬(12月)】年惜む

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

歴史的仮名遣いだと「としをしむ」。


【年惜む(上五)】
年惜しむ心うれひに変わりけり 高濱虚子
年惜む濤の白さを目に余し 岡本眸
年惜しむ藪の奥から風起り 飯島晴子
年惜しむ眼鏡のうちに目をつむり 鷹羽狩行
年惜しむことで足らひし誕生日 能村研三

【年惜む(中七)】
どこみても空青き年惜みけり 久保田万太郎
二三言年を惜みし言葉かな 高野素十
遍路旅すませし年を惜しみけり 能村登四郎
たつぷりと湯のあり年を惜しまばや 相生垣瓜人
傀儡にも母ありて年惜しみけり 有馬朗人
琴の音やここにも年を惜しむ人 有馬朗人

【年惜む(下五)】
筆供養一管一管年惜む 阿波野青畝
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏
湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
山会に青邨と泣き年惜む 深川正一郎
まぼろしの狼連れて年惜しむ 坊城俊樹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】海苔
  2. 【春の季語】梅二月
  3. 【冬の季語】南天の実
  4. 【夏の季語】桐の花
  5. 【冬の季語】一月
  6. 【秋の季語】草の花
  7. 【冬の季語】風花
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  2. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  3. 【冬の季語】大寒
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  5. 【秋の季語】野菊
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  7. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  8. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  10. 【冬の季語】冬麗

Pickup記事

  1. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  2. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  3. 【冬の季語】ラグビー
  4. 【新年の季語】初厨
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  6. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  7. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  8. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  9. 【冬の季語】実南天
  10. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
PAGE TOP