冬の季語

【冬の季語】年惜む

【冬の季語=仲冬(12月)】年惜む

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

歴史的仮名遣いだと「としをしむ」。


【年惜む(上五)】
年惜しむ心うれひに変わりけり 高濱虚子
年惜む濤の白さを目に余し 岡本眸
年惜しむ藪の奥から風起り 飯島晴子
年惜しむ眼鏡のうちに目をつむり 鷹羽狩行
年惜しむことで足らひし誕生日 能村研三

【年惜む(中七)】
どこみても空青き年惜みけり 久保田万太郎
二三言年を惜みし言葉かな 高野素十
遍路旅すませし年を惜しみけり 能村登四郎
たつぷりと湯のあり年を惜しまばや 相生垣瓜人
傀儡にも母ありて年惜しみけり 有馬朗人
琴の音やここにも年を惜しむ人 有馬朗人

【年惜む(下五)】
筆供養一管一管年惜む 阿波野青畝
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏
湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
山会に青邨と泣き年惜む 深川正一郎
まぼろしの狼連れて年惜しむ 坊城俊樹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日向ぼこ
  2. 【冬の季語】蓮根掘
  3. 【夏の季語】梅雨の月
  4. 【秋の季語】霧
  5. 【冬の季語】兎狩
  6. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  7. 【春の季語】紙風船
  8. 【春の季語】春雨

おすすめ記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  2. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  3. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  4. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  5. コンゲツノハイク(結社推薦句)【3月5日締切】
  6. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  7. 【夏の季語】母の日
  8. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  9. 【秋の季語】椎茸
  10. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】

Pickup記事

  1. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  2. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  3. 【冬の季語】梅探る
  4. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  5. 【秋の季語】残暑
  6. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  7. 【春の季語】引鴨
  8. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  9. コンゲツノハイク(結社推薦句)【3月5日締切】
  10. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
PAGE TOP