季語・歳時記

【春の季語】春泥

【春の季語】春泥

【ミニ解説】

ほかの季節の「泥」が季語認定されないのは、やはり「春の泥」は特別だということ。つまり、そこには喜びがある。うれしい泥、それが「春の泥」。

雪岸叢梅發 春泥百草生

と言ったのは、唐代の詩人・杜甫でした。「雪の岸辺には梅が咲き、春の泥には草が生える」くらいでしょうか。つまり、凍てがゆるんできてこその春泥。


【春泥(上五)】
春泥に子等のちんぽこならびけり 川端茅舎
春泥になほ降る雨のつばくらめ 西島麦南
春泥に押しあひながら来る娘 高野素十
春泥にうすき月さしゐたりけり 久保田万太郎
春泥に月の轍を引き重ね 野見山朱鳥
春泥のまつくらやみに迷ひをり 星野立子
春泥に歩みあぐねし面あげぬ 星野立子
春泥になやめるさまも女らし 今井つる女
春泥の葛西にたゝむ見舞傘 石塚友二
春泥を来て大いなる靴となり 上野泰
春泥を桂馬に跳んでたのしまず 上田五千石
春泥やくもり硝子にうつる花 細見綾子
春泥にさへも決断力不足 後藤比奈夫
春泥へ並べ丸太の裸体なる 小原啄葉
春泥の位牌をすすぐ雨水溝 小原啄葉
春泥をあぶな歩きに犬の主 鷹羽狩行
春泥にとられし靴を草で拭く 稲畑汀子
春泥をこゑごゑ撥ねてゆきにけり 水内慶太
春泥を踏んで重心浮きにけり 西山睦
春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務
春泥のもつとも窪むところ照り 山西雅子
春泥の道にも平らなるところ 星野高士
春泥に贔屓の穴を作りけり 山田耕司
春泥にひとり遊びの子がふたり 下坂速穂
春泥を泳ぐ東北の零度ばかり 橋本直
春泥を握れば人の髪まじる 堀下翔

【春泥(中七)】
幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子
かの旗を靴もて春泥にふみにじらんか 長谷川素逝
売られゆく牛春泥をつけしまま 阿部寿雄
戰勃るか春泥に釘ばらまかれ 八田木枯
棟上げや春泥をくる祝酒 鶴田恭子
乗り入れて馬場の春泥匂ふかな 西村和子
武蔵野の春泥重く歩きけり 上林暁
八つ手葉に春泥のとび散つてあり 岸本尚毅
牛乳を零し春泥おいしそう 近恵
くちづけのあと春泥につきとばす 松本てふこ
生まれ日の春泥ひかりごと跨ぐ 堀切克洋

【春泥(下五)】
乳母車の車輪がつけて行く春泥 細見綾子
飛ばさるは事故かそれとも春泥か 岡田史乃



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の夜
  2. 【冬の季語】浮寝鳥
  3. 【冬の季語】梟
  4. 【春の季語】浜下り
  5. 【春の季語】惜春
  6. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部

おすすめ記事

  1. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  2. 【冬の季語】寒さ
  3. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  4. 【冬の季語】毛糸玉
  5. 【冬の季語】白菜
  6. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  10. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】

Pickup記事

  1. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  2. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  3. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  5. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  6. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  7. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  10. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
PAGE TOP