冬の季語

【冬の季語】冬野

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬野

」の平原。枯れ切った平原は「枯野」。

」に覆われると「雪野」となる。


【冬野(上五)】
冬野より大きな花を見せにくる 柿本多映
冬野の犬回帰してその空虚を嗅ぐ 竹中宏

【冬野(中七)】
骨灰となりぬ冬野のてのひらに 齋藤玄
いつの日も冬野の真中帰りくる 平井照敏

【冬野(下五)】
車谷長吉といふ冬野かな 柴田千晶
一頭の馬を飼ひたる冬野かな 甲斐のぞみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】鯛焼
  2. 【春の季語】杉の花
  3. 【冬の季語】狐
  4. 【冬の季語】聖菓
  5. 【春の季語】春の月
  6. 【冬の季語】水仙
  7. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  8. 【夏の季語】噴水

おすすめ記事

  1. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  4. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  5. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  6. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
  7. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  8. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  9. 【春の季語】鷹鳩と化す
  10. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥

Pickup記事

  1. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  3. 【夏の季語】冷房
  4. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  6. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  8. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  9. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  10. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
PAGE TOP