冬の季語

【冬の季語】雪野

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】雪野

冬野」のなかでもとりわけ「」に覆われた平原。「雪原」とも。


【雪野(上五)】
雪野より梅野につゞく遠い雲 高屋窓秋
雪野暮れすぐ木星より光来る 橋本多佳子

【雪野(中七)】
風紋のしるき雪野を踏み戻る 辻 桃子
ひた歩く雪原恋の罠あらずや 仙田洋子
貂の眼を得て雪野より起き上がる 橋本直
疾走を忘れ雪野を出られぬ馬 仁藤さくら

【雪野(下五)】
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
あへぎゆく汽笛を刻に雪野人 宮坂静生
一片の雪だにつけず雪野の木 小澤實
足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
画竜点晴どころではなく雪野かな 櫂未知子 
真つさらな朝ゆきわたる雪野かな 桐山太志


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  2. 【冬の季語】立冬
  3. 【秋の季語】秋高し
  4. 【秋の季語】月
  5. 【冬の季語】聖夜
  6. 【冬の季語】嚏(嚔)
  7. 【秋の季語】秋分
  8. 【夏の季語】夏の夢

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋蝶
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  4. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  5. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  6. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  7. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
  9. 【夏の季語】涼しい
  10. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節

Pickup記事

  1. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  2. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  3. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  4. 【春の季語】旧正
  5. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  6. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  7. 【冬の季語】早梅
  8. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  9. 【冬の季語】凩(木枯)
  10. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
PAGE TOP