冬の季語

【冬の季語】雪野

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】雪野

冬野」のなかでもとりわけ「」に覆われた平原。「雪原」とも。


【雪野(上五)】
雪野より梅野につゞく遠い雲 高屋窓秋
雪野暮れすぐ木星より光来る 橋本多佳子

【雪野(中七)】
風紋のしるき雪野を踏み戻る 辻 桃子
ひた歩く雪原恋の罠あらずや 仙田洋子
貂の眼を得て雪野より起き上がる 橋本直
疾走を忘れ雪野を出られぬ馬 仁藤さくら

【雪野(下五)】
白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て 角川源義
あへぎゆく汽笛を刻に雪野人 宮坂静生
一片の雪だにつけず雪野の木 小澤實
足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
画竜点晴どころではなく雪野かな 櫂未知子 
真つさらな朝ゆきわたる雪野かな 桐山太志


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  3. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  4. 【春の季語】春雷
  5. 【秋の季語】末枯る
  6. 【夏の季語】葉桜
  7. 【冬の季語】冬至
  8. 【春の季語】ヒヤシンス

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  3. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  4. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  5. 【春の季語】梅二月
  6. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  7. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  8. 【春の季語】東風
  9. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  10. 【冬の季語】十一月

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  2. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  3. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  4. 【春の季語】春灯
  5. ミャンマーを思う
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  7. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  8. 【春の季語】石鹸玉
  9. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  10. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
PAGE TOP