季語・歳時記

【春の季語】春時雨

【春の季語=三春(2月〜4月)】春時雨

春に降る「時雨」のこと。

春先の降ったり止んだりを繰り返す時雨に立ち会うと、思わぬ春の明るさが飛び込んできたりする。


【春時雨(上五)】
春しぐれ京の人にはかなはざる 大串章

【春時雨(中七)】

【春時雨(下五)】
舌先に金平糖の春しぐれ 橋閒石
ぐい呑みを所望の客や春時雨 鈴木真砂女
鳩サブレー購うて鎌倉春時雨 淺井一志
麻布永坂約束のごと春時雨 能城檀
泣くために行く文楽や春時雨 藤井啓子
明日からは誰かの机春時雨 中田尚子
残業の夜ふけの窓に春時雨 塙千晴


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  2. 【春の季語】霞
  3. 【夏の季語】小満
  4. 【冬の季語】枯野
  5. 【春の季語】春野
  6. 【秋の季語】秋の空
  7. 【秋の季語】渡り鳥
  8. 【冬の季語】大寒

おすすめ記事

  1. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  2. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  3. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  4. 【春の季語】春時雨
  5. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  6. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  7. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  8. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  9. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  10. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  2. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  3. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  5. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  6. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  7. 【春の季語】春雨
  8. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  9. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  10. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
PAGE TOP