冬の季語

【冬の季語】南天の実

【冬の季語=初冬(11月)】南天の実

【ミニ解説】

南天の花」が夏の季語、「南天の実」が冬の季語。

実は十月に赤く色づきはじめるため、古くは秋の季語とされていました。いまでは実の色あいや雪との配合から冬の季語になっています。

南天は難を転ずるという語呂合わせから、江戸時代には縁起物として庶民の間に広まりました。

実は赤色のほか、白・黄・紫などがあります。

五音に合わせて「実南天」とも。

【関連季語】南天の花(夏)


【南天の実(上五)】
南天の実に惨たりし日を思ふ 沢木欣一
南天の実ふさふさと影や雪の上 村上鬼城

【南天の実(中七)】
日当たりや南天の実のかん袋 一茶
火山灰の中南天の実のまどかない 尾之上ひろ子
鳥吊つて南天の実の大粒に 岸本尚樹
花と見せむ白南天の実を活けて 依光陽子
老残へ南天の実だけ真っ赤っ赤 黒木俊

【南天の実(下五)】
袋きせて人にも見せず南天の実 誰姿

【その他】
口切や南天の実の赤き頃 夏目漱石
南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵 
水洟やどこも真赤な実南天 波多野爽波


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  2. 【新年の季語】七日
  3. 【夏の季語】父の日
  4. 【春の季語】大試験
  5. 【冬の季語】蒲団(布団)
  6. 【夏の季語】泉
  7. 【春の季語】啄木忌
  8. 【春の季語】葱の花

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  2. 【春の季語】旧正
  3. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  5. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  8. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】
  9. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  10. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  2. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  4. 【冬の季語】聖菓
  5. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  6. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  7. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  8. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  9. 【春の季語】卒業歌
  10. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
PAGE TOP