冬の季語

【冬の季語】南天の実

【冬の季語=初冬(11月)】南天の実

【ミニ解説】

「南天の花」が夏の季語、「南天の実」が冬の季語です。南天の実は十月に赤く色づきはじめるため、古くは秋の季語とされていました。いまでは実の色あいや雪との配合から冬の季語になっています。

南天は難を転ずるという語呂合わせから、江戸時代には縁起物として庶民の間に広まりました。

実は赤色のほか、白・黄・紫などがあります。

五音に合わせて「実南天」とも。

【関連季語】南天の花(夏)


【南天の実(上五)】
南天の実に惨たりし日を思ふ 沢木欣一
南天の実ふさふさと影や雪の上 村上鬼城

【南天の実(中七)】
日当たりや南天の実のかん袋 一茶
火山灰の中南天の実のまどかない 尾之上ひろ子
鳥吊つて南天の実の大粒に 岸本尚樹
花と見せむ白南天の実を活けて 依光陽子
老残へ南天の実だけ真っ赤っ赤 黒木俊

【南天の実(下五)】
袋きせて人にも見せず南天の実 誰姿

【その他】
口切や南天の実の赤き頃 夏目漱石
南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵 
水洟やどこも真赤な実南天 波多野爽波


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  2. 【冬の季語】八手の花
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 【新年の季語】なまはげ
  5. 【冬の季語】綿虫
  6. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  7. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  8. 【冬の季語】年忘れ

おすすめ記事

  1. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  4. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  5. 【冬の季語】小春
  6. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  7. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  8. 【春の季語】紅梅
  9. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子

Pickup記事

  1. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  3. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  4. 【夏の季語】百合
  5. 【新年の季語】初日記
  6. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  7. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  8. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
PAGE TOP