冬の季語

【冬の季語】ストーブ

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】ストーブ

【ミニ解説】

冬の暖房器具はさまざまあり、それぞれに歴史があり、情感が異なります。現代ではストーブよりも「暖房」や「懐炉」のほうが身近でしょう。

日本では江戸時代からストーブが使われるようになりました。明治から外国製ストーブ、またその模倣品が広まります。このころは薪・石炭を燃料としており、明治後期にはガスストーブ、明治末期には電気ストーブが発明されますが、なかなか普及しなかったようです。そもそもストーブ自体が風通しのよい日本の住宅構造にはなじまず、住宅そのものが洋風化する戦後までは主要な暖房器具になりませんでした。

なお、「ダルマストーブ」と呼ばれる球形のストーブがあります。いまでは使用される場所は限られていますが、一九七〇年代ごろまで駅の待合室や客車内、学校などに置かれていました。


【ストーブ(上五)】
ストーブや黒奴給仕の銭ボタン 芝不器男
ストーヴや患者につづる非常の語 相馬遷子
ストーブを焚くやモデルを待ちながら 松本秀一
ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子 
ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子
ストーブに手を揉み知らぬ者同士 村上鞆彦
ストーブに惑星たちの椅子が無い 赤羽根めぐみ

【ストーブ(中七)】
百合生けてストーブを焚く寒さかな 高浜虚子
患者の前灼けストーブに投炭す 野沢節子
母の訃報ダルマストーブ赤く脹れ 椎橋清翠
風の声火の声ストーブ列車発つ 成田千空
快晴に焚くストーブや峠茶屋 今瀬一博

【ストーブ(下五)】
頬杖を解いて一とくべストーブへ 森信乾
朗読は反戦の詩ストーブ燃ゆ 出口民子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  2. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  3. 【春の季語】大試験
  4. 【冬の季語】鬼やらい
  5. 【秋の季語】秋風
  6. 【春の季語】春の月
  7. 【春の季語】流氷
  8. 【冬の季語】師走

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】霜柱
  2. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  3. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  4. 【冬の季語】雪掻く
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  6. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  7. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  8. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  10. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】

Pickup記事

  1. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】
  2. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  3. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  6. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  7. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  8. 【冬の季語】冬
  9. 【冬の季語】白息
  10. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
PAGE TOP