冬の季語

【冬の季語】ストーブ

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】ストーブ

【ミニ解説】

冬の暖房器具はさまざまあり、それぞれに歴史があり、情感が異なります。現代ではストーブよりも「暖房」や「懐炉」のほうが身近でしょう。

日本では江戸時代からストーブが使われるようになりました。明治から外国製ストーブ、またその模倣品が広まります。このころは薪・石炭を燃料としており、明治後期にはガスストーブ、明治末期には電気ストーブが発明されますが、なかなか普及しなかったようです。そもそもストーブ自体が風通しのよい日本の住宅構造にはなじまず、住宅そのものが洋風化する戦後までは主要な暖房器具になりませんでした。

なお、「ダルマストーブ」と呼ばれる球形のストーブがあります。いまでは使用される場所は限られていますが、一九七〇年代ごろまで駅の待合室や客車内、学校などに置かれていました。


【ストーブ(上五)】
ストーブや黒奴給仕の銭ボタン 芝不器男
ストーヴや患者につづる非常の語 相馬遷子
ストーブを焚くやモデルを待ちながら 松本秀一
ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子 
ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子
ストーブに手を揉み知らぬ者同士 村上鞆彦
ストーブに惑星たちの椅子が無い 赤羽根めぐみ

【ストーブ(中七)】
百合生けてストーブを焚く寒さかな 高浜虚子
患者の前灼けストーブに投炭す 野沢節子
母の訃報ダルマストーブ赤く脹れ 椎橋清翠
風の声火の声ストーブ列車発つ 成田千空
快晴に焚くストーブや峠茶屋 今瀬一博

【ストーブ(下五)】
頬杖を解いて一とくべストーブへ 森信乾
朗読は反戦の詩ストーブ燃ゆ 出口民子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】野に遊ぶ
  2. 【春の季語】春塵
  3. 【春の季語】三椏の花
  4. 【秋の季語】小鳥来る
  5. 【冬の季語】襟巻
  6. 【秋の季語】十六夜
  7. 【冬の季語】小六月
  8. 【春の季語】鶯

おすすめ記事

  1. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  3. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  4. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  5. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  7. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】
  8. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  9. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  10. 【春の季語】初音

Pickup記事

  1. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  2. 【冬の季語】霜柱
  3. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  5. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  6. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  7. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  8. 【冬の季語】悴む
  9. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
PAGE TOP