季語・歳時記

【新年の季語】餅花

新年の季語(1月)】餅花

日本の一部地域で「正月」とくに「小正月」に、ヤナギなどの細い木の枝に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。東日本では「繭玉」のかたちにする地域が多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。「左義長」の行事で飾ったり、食べたりする地方も多い。

「花餅」「餅の花」「餅穂」「餅手鞠」「餅木」などと詠まれることもある。


【餅花(上五)】
餅花の小判動かず国の春 正岡子規
餅花の高々とある炬燵かな 高浜虚子
餅花の賑やかに垂れ静もれる 鈴木花蓑
餅花や今戸の猫にささげばや 芥川龍之介
餅花やもつれしままに静まれる 松本たかし
餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵
餅花に入日の絡みつきてをり 波多野爽波
餅花を見上ぐるたびに華やぎて 細見綾子
餅花に立てば触れしよ旅の髪 野沢節子
餅花を揺らせし影の鎮もりぬ 稲畑汀子
餅花も子規全集もひとつ書架 宮坂静生
餅花に叩(はた)きをかけて世紀末 大木あまり
餅花のあればさはらずにはおかじ 辻桃子
餠花が揺れ嫡流の太柱 櫛部天思

【餅花(中七)】
氷るもの氷り餅花にぎやかに 宇佐美魚目

【餅花(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【毛の俳句】
  2. 【冬の季語】南天の実
  3. 【冬の季語】漱石忌
  4. 【秋の季語】十三夜
  5. 【冬の季語】煤逃
  6. 【春の季語】霞
  7. 【秋の季語】残暑
  8. 【冬の季語】雪掻

おすすめ記事

  1. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  3. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  4. 【冬の季語】水鳥
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  8. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  9. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  10. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  2. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  3. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  4. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  7. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  8. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  9. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  10. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
PAGE TOP