季語・歳時記

【新年の季語】繭玉

新年の季語(1月)】繭玉

日本の一部地域で「正月」とくに「小正月」に、ミズキ、柳、榎などの細い木の枝に小さく切った餅や団子をさして飾る「餅花」のうち、「繭玉」のかたちにしたもの。東日本に多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。「左義長」の行事で飾ったり、食べたりすることもある。


【繭玉(上五)】
繭玉に寝がての腕あげにけり 芝不器男
繭玉や夕はやけれど灯しけり 高野素十
繭玉のよく揺るるものを見てゐたり 波多野爽波
繭玉や父を忘れし母の顔 岸田稚魚
繭玉の影濃く淡く壁にあり 高浜年尾
繭玉にふれて親しき眉の端 石寒太
繭玉が揺れ浅草の揺るるかな 福井隆子
繭玉のみな楽しげに回りつつ 長谷川櫂
繭玉の紅が重しと枝垂れけり 片山由美子
まゆ玉の影やはらかく縺れたる 黛まどか
繭玉を振つて愛想を尽かしけり 仙田洋子
繭玉に夜のマネキン人形が 鴇田智哉

【繭玉(中七)】
山深く繭玉となす餅搗けり 大石悦子

【繭玉(下五)】
時計いま十二時うてり繭玉に 久保田万太郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒椿
  2. 【冬の季語】漱石忌
  3. 【冬の季語】熊
  4. 【新年の季語】七日
  5. 【新年の季語】小正月
  6. 【新年の季語】雑煮
  7. 【冬の季語】凍る
  8. 【冬の季語】鮟鱇

おすすめ記事

  1. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  2. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  3. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  5. 【冬の季語】八手の花
  6. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  7. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  8. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  9. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  10. 【#17】黒色の響き

Pickup記事

  1. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 【夏の季語】虹
  4. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
  5. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  6. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  7. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  8. 【春の季語】彼岸
  9. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
PAGE TOP