夏の季語

【夏の季語】髪洗う

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】髪洗う

明治時代まで、皮脂などを落とすために粘土や火山灰が、洗い上がりの感触を良くするためには、ふのり・卵白などが使われていた。大正から昭和初期にかけて、「髪洗い粉」が出回り、1930年代に、安定した性能と品質の「固形石けん」が、1955年には「粉末シャンプー」が発売。日本住宅公団発足し風呂付住宅が普及した1960年代には、ついに「液体シャンプー」が発売されて普及し、現在に至っている。

季語としては、改造社版『歳時記』や、虚子編の『新歳時記』(昭和初期)あたりが、「髪洗ふ」を(女性の行動として)「夏」として立項している。江戸時代後期の風俗を記した『守貞謾稿』(喜田川守貞著、1837年に起稿)に、「江戸の女性は必ず月に1、2度髪を洗い、夏は特に度々洗髪した」という内容のことが書かれていることも起因したか。

歌川国貞(三代歌川豊国)
「江戸名所百人美女 今川はし」

しかし髪を洗わねば臭くなるのは、男女ともそうである。とくに、髪を洗う頻度も「ほぼ毎日」となった1990年代以降には、とくに女性の行動として限定する必要はなく、したがって、読みの上でも必ずしも女性を想定する必要はなくなりつつある。

この季語のやや不可思議な来歴については、橋本直「「髪洗ふ」攷」(@週刊俳句、2018年6月10日)を参照のこと。

歴史的仮名遣いでは「髪洗ふ」。

名詞として「洗ひ髪」としても用いられることもある。


【髪洗う(上五)】
髪洗ひたる日の妻のよそ/\し 高野素十
髪洗ふ夜の羅馬びと歌ひ過ぎ 小池文子
髪洗うまでの優柔不断かな 宇多喜代子
髪洗ふいま宙返りする途中 恩田侑布子

【髪洗う(中七)】
子の髪を洗ふ遥かに海が鳴る  有馬朗人

【髪洗う(下五)】
目をつむる顔横向けて髪洗ふ 高野素十
うつむくは堪へる姿ぞ髪洗ふ 橋本多佳子
ねんごろに恋のいのちの髪洗ふ 上村占魚
せつせつと眼まで濡らして髪洗ふ 野澤節子
思ひのたけを闇に投げ出し髪洗ふ 石原八束
五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子
ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ 坂本宮尾
いとほしむほどの丈なき髪洗ふ 檜紀代
足元に子を絡ませて髪洗ふ 辻村麻乃



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】小六月
  2. 【春の季語】野遊
  3. 【春の季語】鷹鳩と化す
  4. 【春の季語】桜蘂降る
  5. 【夏の季語】水中花/酒中花
  6. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  7. 【秋の季語】鵙の贄
  8. 【春の季語】菜の花

おすすめ記事

  1. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  2. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  3. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  5. 【春の季語】薄氷
  6. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  7. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  8. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  9. 【冬の季語】嚏(嚔)
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】

Pickup記事

  1. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  2. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  3. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  4. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  5. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  7. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  8. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  9. 【秋の季語】山椒の実
  10. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
PAGE TOP