冬の季語

【冬の季語】冬河原(冬川原)

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬河原(冬川原)

「冬の川」(「冬川」)または「冬の河」(「冬河」)のへり、水が流れていない、砂や石の多いところ。

「河」はもともと「黄河」に由来するため、「川」よりも「河」のほうが大きいイメージがある。


【冬河原(上五)】
冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳

【冬川原(上五)】
冬川原広やかに建ちぬ芝居小屋 鈴木花蓑

【冬河原(中七)】

【冬川原(中七)】

【冬河原(下五)】
亡きひとの名を呼び捨てに冬河原 福田甲子雄
猪裂きし手を洗ひをり冬河原 角川春樹

【冬川原(下五)】
糸引いて石這ふ蜘蛛や冬川原 鈴木花蓑


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蜃気楼
  2. 【秋の季語】蛇穴に入る
  3. 【秋の季語】鴨来る
  4. 【春の季語】春寒
  5. 【夏の季語】扇風機
  6. 【冬の季語】寒い
  7. 【夏の季語】草いきれ
  8. 【冬の季語】鴨

おすすめ記事

  1. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  2. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  3. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  5. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
  6. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  7. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  8. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋

Pickup記事

  1. 【新年の季語】なまはげ
  2. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  3. 【秋の季語】新蕎麦
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  5. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
  6. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  7. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  9. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  10. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
PAGE TOP