冬の季語

【冬の季語】冬河原(冬川原)

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬河原(冬川原)

「冬の川」(「冬川」)または「冬の河」(「冬河」)のへり、水が流れていない、砂や石の多いところ。

「河」はもともと「黄河」に由来するため、「川」よりも「河」のほうが大きいイメージがある。


【冬河原(上五)】
冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳

【冬川原(上五)】
冬川原広やかに建ちぬ芝居小屋 鈴木花蓑

【冬河原(中七)】

【冬川原(中七)】

【冬河原(下五)】
亡きひとの名を呼び捨てに冬河原 福田甲子雄
猪裂きし手を洗ひをり冬河原 角川春樹

【冬川原(下五)】
糸引いて石這ふ蜘蛛や冬川原 鈴木花蓑


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】立春
  2. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 【秋の季語】後の月
  5. 【夏の季語】梅雨明
  6. 【新年の季語】七日
  7. 【冬の季語】冬の滝
  8. 【春の季語】椿

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨入
  2. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  4. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  5. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  6. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  8. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  9. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  3. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  4. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  5. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  6. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  7. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
  8. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  9. 【冬の季語】冬銀河
  10. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
PAGE TOP