季語・歳時記

【春の季語】永き日

【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日

日永」のこと。「永日」とも。


【永き日(上五)】
永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男
永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城
永き日の祇園抜けみち知り尽くす 波多野爽波
永き日の紐は結ばれたくおもふ 高橋龍
永き日といふ長生きのやうなもの 仁平 勝
永き日や牛は目玉を柵に掻き 鈴木牛後
永き日のお濠の端の水菓子屋 田中裕明
永き日のバスの座席にある窪み 宇志やまと
永き日の桶をあふるる馬のかほ 津川絵理子
永き日の封書で届く海の塩 藤原暢子
永き日の海のにほひの石ひとつ 涼野海音
永き日や黒鍵白鍵より軽く 中西亮太

【永き日(中七)】
鳥は鳥にまぎれて永き日なりけり 八田木枯
人形の頭に永き日がつまる 仁平勝
飛べそうな気がする永き日の岬 五島高資

【永き日(下五)】
子規と短かき日その後永き日も 高浜虚子
洛中の大寺にこそ永き日を 大屋達治

【ほかの季語と】
永き日の夜をながくし雛祭 森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の灯
  2. 【冬の季語】熊穴に入る
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  5. 【秋の季語】星月夜
  6. 【夏の季語】泉
  7. 【春の季語】雛あられ
  8. 【春の季語】春寒し

おすすめ記事

  1. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  2. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  3. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  5. 【冬の季語】寒椿
  6. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  7. 【冬の季語】悴む
  8. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  9. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  10. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津

Pickup記事

  1. 【冬の季語】忘年
  2. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  4. 【冬の季語】冬滝
  5. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  6. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  7. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  8. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  9. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  10. 【冬の季語】大年
PAGE TOP