季語・歳時記

【春の季語】永き日

【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日

日永」のこと。「永日」とも。


【永き日(上五)】
永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男
永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城
永き日の祇園抜けみち知り尽くす 波多野爽波
永き日の紐は結ばれたくおもふ 高橋龍
永き日といふ長生きのやうなもの 仁平 勝
永き日や牛は目玉を柵に掻き 鈴木牛後
永き日のお濠の端の水菓子屋 田中裕明
永き日のバスの座席にある窪み 宇志やまと
永き日の桶をあふるる馬のかほ 津川絵理子
永き日の封書で届く海の塩 藤原暢子
永き日の海のにほひの石ひとつ 涼野海音
永き日や黒鍵白鍵より軽く 中西亮太

【永き日(中七)】
鳥は鳥にまぎれて永き日なりけり 八田木枯
人形の頭に永き日がつまる 仁平勝
飛べそうな気がする永き日の岬 五島高資

【永き日(下五)】
子規と短かき日その後永き日も 高浜虚子
洛中の大寺にこそ永き日を 大屋達治

【ほかの季語と】
永き日の夜をながくし雛祭 森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】卒業歌
  2. 【夏の季語】シャワー
  3. 【都道府県別の俳句】
  4. 【冬の季語】凍蝶
  5. 【冬の季語】蒲団(布団)
  6. 【夏の季語】鮎
  7. 【冬の季語】寒椿
  8. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節

おすすめ記事

  1. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  2. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  3. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】
  4. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  5. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  6. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  7. 【冬の季語】冬の水
  8. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  10. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】

Pickup記事

  1. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  2. 【秋の季語】秋暑し
  3. 【夏の季語】梅雨に入る
  4. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  5. 【冬の季語】冬
  6. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  9. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
PAGE TOP