季語・歳時記

【春の季語】春月

【春の季語=三春(2月〜4月)】春月

春の月」を短く言ったかたち。


【春月(上五)】
春月や印金堂の木の間より 与謝蕪村
春月の眼胴(めどう)うるほひ雪景色 川端茅舎
春月の病めるが如く黄なるかな 松本たかし
春月や鞦韆に凭る宿直の師 芝不器男
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春月の下にかはほり集ひつゝ 山口誓子
春月や雫の如く漁火が 野見山朱鳥
春月の木椅子きしますわがししむら 桂信子
春月や犬も用ある如く行く 波多野爽波
春月や酔の握手のサラリーマン 草間時彦
春月や小鍛冶が童うしろむき 佐藤鬼房
春月は乳いろ子なき顔照らす 鷲谷七菜子
春月の はにかみ頭出て モスクの屋根 伊丹三樹彦
春月の出るより欠くるなき光り 鷹羽狩行
春月がとろんと高しさようなら 池田澄子
春月大きふるさとに母帰り給ふ 大串章
春月の弦やはらかく傾きぬ 宮木忠夫
春月に一本の杖残し逝く 加藤瑠璃子
春月や電話を切りてよりひとり 青木恭子
春月や家の中なる妻を見て 岸本尚毅
春月や見れば虎魚と皮剥と 岸本尚毅
春月や招かれゆけば柩ある 岸本尚毅
春月や六臂頽(くづ)るゝ美少年 武田肇
春月の背中汚れたままがよし 佐々木貴子
春月の余熱のやうに口ずさむ 西川火尖

【春月(中七)】
読み倦いて寝転べば春月這へる虫 種田山頭火
紺絣春月重く出でしかな 飯田龍太
誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏
母なる伊豆春月の乳を噎ぶほど 文挟夫佐恵
新宿や春月嘘つぽくありて 山元文弥
このごろや春月高く地中海 山口青邨

【春月(下五)】
学帽はかぶらず出でて春月に 波多野爽波




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】裸木
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 【冬の季語】八手の花
  4. 【冬の季語】寒木
  5. 【夏の季語】桐の花
  6. 【春の季語】恋猫
  7. 【春の季語】惜春
  8. 【秋の季語】立秋

おすすめ記事

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  3. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  4. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  5. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  7. 【春の季語】卒業
  8. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  9. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  10. 【秋の季語】秋の蛇

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬木立
  2. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  3. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  4. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  5. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  6. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  7. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  8. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  9. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
PAGE TOP