ハイクノミカタ

青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】


青嵐神社があったので拝む

池田澄子

ある時、初めて通った道のそばに神社があったのでふらふらと入って行って拝んだ。

数日後、「そういえば忌中は神社への参拝とかしちゃいけないんじゃなかったっけ?」
と思い出した。

母が亡くなってからそうまだ日が経っていなかったのだ。

ネットで検索してみると、いけないということもないと書いてあるサイトもあった。
あるけれど、父母だと50日は控えるようにと。
50日未満でした。

オーマイ……。

しかし、もう拝んでしまったものは仕方ない。
神様も仏さまもその他いろいろ仲良くよろしく
…ってことで。

私があわあわしていたので、お知り合いの神主さんに尋ねて下さった方もあり、「神社は忌中でもお参りして構わないそうです。ただ、沈んだ気持ちを伝えるのではなく、前向きな気持ちでお参りしてください」と。

勿論私の事だから、沈んでなどいなくて、「お、この狛犬は犬なのに猫のポーズ(ヨガの)をしている

いや待てよ、狛犬は犬じゃなくて、元々獅子だったような?それなら猫科だからいいのか」などと能天気に境内を散策したりしていたのだった。

青嵐神社があったので拝む
池田澄子

やっぱり、あったので…拝んじゃいますよね?澄子さん。

青嵐のエネルギーに巻き込まれ、信仰心とか信条とかに関わらず神社があったら拝むのだと刷り込まれていた模様。そんな誘因力がこの句にはある。

杉山久子


【執筆者プロフィール】
杉山久子(すぎやま・ひさこ)
平成元年より作句。第2回芝不器男俳句新人賞受賞。句集『栞』他4冊。紀行文集『行かねばなるまい』

早くから才能を発揮し、芝不器男俳句新人賞、山口県芸術文化振興奨励賞に続き、前作『泉』では第1回姨捨俳句大賞を受賞した著者。宇宙の中の一存在として詠み、しなやかで独創的な感性が煌めく注目の第四句集。

◆帯より

冬星につなぎとめたき小舟あり

過ぎてゆく日常に栞をはさむように句を作っているのかもしれないと、少し前から感じるようになった。
言葉にならないけれど言葉を取り巻くもの、言葉と言葉のあわいにあるものの輝きも、ともに受け取り、味わってゆきたい。(杉山久子

1997年7月~1999年4月、
月刊俳句新聞『子規新報』に連載された
「お遍路は風まかせ」が書籍化!

(まだまだ在庫あります!!)

興味本位からスタートした
ドタバタ四国遍路紀行……

180ページの本書の下端両角には
表紙画も担当した流水彩子のパラパラ漫画付き。
装丁は律川エレキ。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男
>>〔2〕本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明
>>〔3〕夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々
>>〔7〕主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生
>>〔6〕パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子

【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
>>〔11〕父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二
>>〔12〕トラックに早春を積み引越しす 柊月子
>>〔13〕故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎

【2024年2月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔1〕雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子
>>〔2〕虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣
>>〔3〕人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子
>>〔4〕とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎
>>〔2〕泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟
>>〔3〕時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎
>>〔4〕屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰
>>〔5〕誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  2. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  3. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  4. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  5. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】…
  6. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカ…
  7. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  8. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】

おすすめ記事

  1. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  2. 【新年の季語】七日
  3. 数と俳句(一)/小滝肇
  4. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  5. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  6. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  9. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  10. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤

Pickup記事

  1. 【新年の季語】松七日
  2. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  3. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  4. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  5. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  6. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  7. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  8. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  9. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
PAGE TOP