ハイクノミカタ

しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】


しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る

富安風生

よく晴れた五月のある午後、
掃除機をかけ終わる頃にインターホンが鳴った。
小さなモニターを見ると、そこにはあまり見かけない青年が立っていた。
きっちりとした白い長袖のシャツを着ている。奇妙なことに、手袋をはめていた。
玄関を開けると、青年は引っ越しの挨拶をしにきたのだ、と述べた。

黒い大きな瞳、圧倒的に長いまつ毛、少し長い耳を持つその青年は、
「これ、ほんの気持ちなのですが」
と言いながら手みやげの「東京ばな奈」を手渡してくれた。
東京に住んでいると、「東京ばな奈」は主要な駅でしか見たことしかない。
一度は食べてみたい、と思っていたので、私は遠慮なく受け取った。
しかし東京の人間に「東京ばな奈」を持ってくるのは、どういう感覚なのだろうか。

私のそんな思いが伝わったのか、
青年は言い訳でもするかのように早口で付け加えた。
「すみません。僕はまだ人間の社会に慣れてなくて」
人間の社会…
とにかく誰かに聞いてもらいたかったのだろう、
それから彼は堰を切ったように信じ難い話を始めた。

彼は、アフリカから来たという。
日本に来る前は、しまうまとしてサバンナで暮らしていたそうだ。
しまうま?

「しまうまの世界には、ひじょうに厳格なヒエラルキーが存在します。
群れを支配するのは一頭のオスだけ。そのオスが群れの全てのメスとその子供を所有しているのです。」
彼は怒りに震えていた。
「すると、その他のオスはどうしているのかな?」
私は迂闊な質問をしてしまった。

「まさにそこが問題なんです。僕たちのようなボスにはなれなかったしまうまは、
あぶれたオス同士で暮らすか、群れを離れるしかないんです。
ある意味僕たちはおとりとも言えます。ライオンに狙われやすいのは、
僕たちのような行き場のないしまうまなのです。」

どうにかしてこの状態を抜け出したいと願った彼は、
ある日、動物の言葉を話すことのできる呪術師と出会ったという。
そして人間に変わる呪術をかけてもらったのだそうだ。
しかし呪術師は急いで処置をしたので、ところどころ不完全な部分があるらしい。
例えば彼の手はまだひづめのまま。手袋はそれを隠すためのものだった。

「人間になった僕はサバンナから都会へ出て、あらゆる仕事をしました。
その時街で流れていたのが日本の『涙そうそう』という曲でした。
その曲を聞いて、僕は日本に来ることを決めたのです。」
彼は遠い目をして答えた。
おそらくはつらかった当時のことを回想していたのだろう。
あるいはあぶれたオスのしまうまたちを思い出していたのかもしれない。
しばらくの沈黙の後、彼は続けた。
「僕だって愛する人と出会って、穏やかな暮らしをしてみたい、
だからこそしまうまをやめることにしたのです。」
彼の大きな瞳にはうっすらと涙が光っていた。
しかし、どうやって女性と知り合うのだろう?
そんな私の疑問を読んだのだろうか。彼は少しうつむいて答えた。
「マッチングアプリに期待しています。」

私はなにげなく彼の手袋を見た。
それに気づいた彼は、突然激しく怒り出した。
鼻息を鳴らし、歯茎を剥き出して。
「あなたは僕のひづめではスマホを操作できない、と思っているんですね。
冗談じゃない、僕はなんだってできる。しまうまから人間になった苦労を思えば、
できないことなんか何もないんだ。」

激昂した彼は振り向き、元しまうまらしく大きな跳躍をして去っていった。
私に悪意はなく、なぜあれほどまでに彼が急に怒り出したのかはわからなかった。

一方的に取り残された私は部屋に戻って、
「しまうま」の性質について検索してみた。
「気性は非常に荒く、人間に慣れることはない」と書かれている。
この日本で、彼はうまくやっていけるだろうか。愛する人と出会えるだろうか。
私は窓の空を見上げた。どこまでも続く初夏の青い空は、
きっとアフリカのサバンナにもつながっているのだろう。

しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る
富安風生

※気になる一句から膨らむストーリーを書いていきます。作者の人生、作句の背景とは、全く関係がありません。その点ご理解、ご容赦いただけると幸いです。

小助川駒介


【執筆者プロフィール】
小助川駒介(こすけがわ・こますけ)
『玉藻』同人。第三回星野立子賞受賞。
星野椿先生主催の超結社句会「二階堂句会」の司会進行係。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】…
  2. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  3. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  4. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  5. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  6. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】…
  7. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  8. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき

おすすめ記事

  1. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  3. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  4. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  5. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
  6. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  7. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  8. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  9. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈

Pickup記事

  1. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  3. 【春の季語】石鹸玉
  4. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  5. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  6. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  8. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  9. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  10. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
PAGE TOP