ハイクノミカタ

祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子


祈るべき天と思えど天の病む

石牟礼道子

 先日水俣に行ってきた。水俣には水俣病を学べる資料館が二つあることをご存じだろうか。一つは市立水俣病資料館、もう一つは一般財団法人水俣病センター相思社が運営する水俣病歴史考証館である。今回、二つとも訪問してきた。それ以外に、水俣病患者が多く発生した袋地区湯堂や、チッソの工場排水が排出されていた「百間排水口」も見学してきた。

 水俣病は工場排水中の有機水銀が原因となった公害病であり、正確に言うとその有機水銀が生物濃縮の末に高濃度となった魚介類を摂取することで起こった。水銀は有機化学を少し勉強すると度々登場する金属で、さまざまな反応を触媒する便利な物質である。チッソではアセトアルデヒド製造の触媒として用いられていた。この水銀が水俣病を引き起こす原理は、市立資料館に併設されている環境省の水俣病情報センターで詳しく解説されていた。

 水銀は、実は単体の金属の状態では重要な神経性の症状は引き起こさない。と言うのは、体が水銀を吸収せず、排出しようとする防御が働くからだ。ところが、有機水銀となると話が異なり、脳をはじめとする体のさまざまなところに吸収され毒性を発揮してしまう。

 どういうことかというと、有機水銀(メチル水銀)は、アミノ酸の一種であるシステインと結合してメチオニン(必須アミノ酸)と似た構造をとる。必須アミノ酸とは体内で自力で合成できないため経口摂取が必須のアミノ酸のことで、従って体は有機水銀いりのいわば「偽メチオニン」を積極的に吸収・利用するようになる。こうしてこの偽メチオニンが使われたタンパク質は本来の機能を果たすことができず重大な障害をもたらす。

 水俣病は1956年に発見された。その前から、猫がてんかんのような症状で大量死したり、空から鳥が降ってきたりといった奇妙な状況であったようだ。当初は原因不明の奇病・伝染病と考えられ、原因の特定とアセトアルデヒド製造中止までに約12年を要している。

 水俣病は、排水の公害問題であると捉えていたが今回さまざまな資料に触れその認識を改めた。水俣病は複雑な社会問題であった。

 水俣にチッソが新工場を作ったのは1918年のこと。チッソは多くの雇用を生み出し、一時は水俣の人口の半数がチッソと関係するほどであったそうだ。土地を持たない小作人など、多くの人間がチッソの工場で働き、地位を上げた。チッソは病院を建てたりさまざまな文化的活動を行ったりと、チッソと水俣は結びつきを深めてゆく。

 水俣病の原因究明にあたったのは主に熊本大学の研究チームである。研究チームはすでに1956年に伝染病ではなく一種の中毒の可能性が高いと指摘、1959年には水銀による毒性の可能性が高いと発表している。また同時期にチッソの附属病院においても排水をネコに与える実験で水俣病の症状が再現されている。しかし、上にも書いたように、アセトアルデヒドの製造が中止されたのはそれよりずっと後の1968年のことである。

 このように長い時間かかった大きな原因が、チッソの企業倫理の欠如である。チッソ側は、工場排水を与えたネコが水俣病のような症状をしたのを把握していたのにもかかわらず、アセトアルデヒドの製造中止には長い間踏み切らなかった。現代からすれば信じられないことである。

 長い時間がかかったこと理由には、水俣のチッソ依存もあった。すなわち、多くの雇用を担うチッソの工場を止めては、経済に深刻な影響があり、行政や非罹患市民はチッソ擁護に回ったのであった。擁護派はさまざまな学者に水銀説の対抗説を出させ、市民や世論を混乱させた。ここに「患者切り捨て」の構図があった。

 さらに根深いことに、そもそもの差別構造があったと考えられる。水俣病に多くかかったのは、食べ物の多くを自分たちのとってきた魚や貝に依存する漁民である。貧しい漁民は、水俣病以前から差別を受けていたと考えられる。部落の漁民は、多くの市民らの食いぶちを生む工場を止めようとする厄介な奇病持ちとして受け止められていたのだろう。

 水俣病をめぐる差別構造は何重にもなっていた。上記のそもそもの差別構造に加え、奇病に対する差別は市民から漁民へ、そして非罹患漁民から罹患者へと、被差別者が差別側に回るようなことさえあった。水俣病の原因特定に向けた運動には政治家や市民が対抗しチッソ擁護に回った。時代が下り見舞金制度ができると、見舞金をひがむ市民がその申請をした患者に対して「ニセモノ」と中傷した。症状が重くても視野狭窄などは見た目にはわからず、ニセモノであると言われのない中傷が発生するのである。

 水俣病の症状や経緯については市立資料館に詳しい。患者側の運動や患者への差別については相思社の考証館が詳しい。いずれも訪れることをお勧めする。ありきたりな言葉になるが、人間とは本当に愚かであると思わざるを得ない。

 また、今回訪れた袋地区湯堂は、「袋」の名の通り半島で大きく囲われた湾になっており、有害物質が溜まりやすい環境だったことが容易に想像できた。市立水俣病資料館などの学習施設は有害ヘドロの封じ込めのために埋め立てられた土地に存在するが、その屋上からは湯堂が見えた。静かに潮の流れ込む小さな集落を見ると、何も言葉が出てこなかった。

祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子

 掲句、水俣を訪れる前と後とで、印象が大きく異なった。以前は漠然と天を仰ぐ様子を想像していたが、この句が「天」しか詠めていない事実に、今は愕然としてしまう。水俣のどうしようもない貧困や差別、苦しむ人々、汚された海を前に、天しか詠むことができなかったのであるから。

資料館屋上から見た景色。写真中央やや右に袋湾の入口があり、奥に小さな湾がある。ヘドロ処理で埋め立てられた地区には、運動公園や水俣病関連の学習施設などがある

板倉ケンタ


【執筆者プロフィール】
板倉ケンタ
1999年東京生。「群青」「南風」所属。俳人協会会員。第9回石田波郷新人賞、第6回俳句四季新人賞、第8回星野立子新人賞。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子

【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
>>〔11〕父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二
>>〔12〕トラックに早春を積み引越しす 柊月子
>>〔13〕故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎

【2024年2月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔1〕雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子
>>〔2〕虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣
>>〔3〕人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子
>>〔4〕とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎
>>〔2〕泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟
>>〔3〕時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎
>>〔4〕屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰
>>〔5〕誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  2. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  3. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  4. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  5. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  6. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  7. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋…
  8. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏…

おすすめ記事

  1. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  2. 【冬の季語】寒晴
  3. 【春の季語】立春
  4. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  5. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】
  6. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 【秋の季語】十六夜
  8. 【夏の季語】梅雨入
  9. 【春の季語】春の灯
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  2. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  3. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】
  5. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【17】/三代川次郎(「春耕」「銀漢」「雲の峰」同人)
  7. 【秋の季語】秋の空
  8. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  9. 【春の季語】花粉症
  10. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
PAGE TOP