ハイクノミカタ

いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】


いつの間に昼の月出て冬の空

内藤鳴雪


雲一つない冬の空に、うっすらとかかる昼の月。

「いつの間に」という表現が素直すぎて巧い句ではないけれど、何だかとても共感できる句だ。

この「いつの間に」には、「もう昼の月が出ている!」というちょっとした驚きがある。

冬空の青を透かすようにかかる昼の月が、儚くも綺麗だ。

内藤鳴雪は明治・大正時代の俳人。

昔の人という感じがしていたけれど、自分と同じところに目を留めて、それを素直に詠んでいるところに、なんだか親しみを感じる。

鳴雪は飄逸恬淡な人柄で、とても愛された人らしい。

この句の衒いのなさにも、そんな人柄が感じられるようにも思う。

漢学を大原観山に学び、俳句はその娘の子、正岡子規に学んだ。

詩は祖父に俳句は孫に春の風

こんな句も残している。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  2. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  3. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  4. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  5. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)…
  6. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  7. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  8. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】

おすすめ記事

  1. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  2. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  3. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【予告】
  5. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  6. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  8. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  9. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  10. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】

Pickup記事

  1. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  2. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  3. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  4. 【冬の季語】冬立つ
  5. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  6. 【#14】「流れ」について
  7. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  8. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  9. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
PAGE TOP