神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子

放課後の楽しみ

土肥あき子(「絵空」同人)

学生時代には学校がなければどれほど自由時間を謳歌できるのだろうと夢想していた。

勤め人になってからは会社がなければ楽になると思い、俳句という自分の道を見つけてからもいつも逃げ場を探していたように思う。結局常に勉強し仕事を続けなければならないのだ。

銀漢亭は見通しの良い公園のような場所だったと思いついたとき、ああ、放課後だったのだと気づく。飲んで、笑って、解散する。たまに飲み足りなくて、はしごした頑健な夜を思い返す。

存在するだけで安らぎだった場所。

伊那男さんと、そして銀漢亭で集った面々とこれからもどこかでお会いする機会はあるだろう。そして再会するたびに放課後一緒に遊んだ友達のような懐かしさを覚えるに違いない。

折々企画される句会や吟行会もとても素敵だった。わが家にある春寒の短冊は鎌倉吟行の伊那男選で頂戴したもの。季節が巡れば、また銀漢亭を思い出す。

(2019年撮影=写真左が土肥あき子さん、右は「月の匣」主宰の水内慶太さん)

【執筆者プロフィール】
土肥あき子(どい・あきこ)
1963年静岡生まれ。「絵空」同人。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  3. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ

おすすめ記事

  1. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  2. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  3. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  4. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  5. 【冬の季語】水仙
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  8. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  9. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦

Pickup記事

  1. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  3. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  4. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  5. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  6. 【春の季語】卒業歌
  7. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  8. 【冬の季語】雪達磨
  9. 【新年の季語】初旅
  10. 【夏の季語】草いきれ
PAGE TOP