神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひとり酒

有澤志峯(「銀漢」同人)

平成に移り、バブル崩壊後のいわゆる「失われた10年」のただなかにあった。仕事仲間で、飲み仲間であった谷口いづみさんの会社が渋谷から神保町に移転。いづみさんから「素敵な酒場をみつけたよ」と、何度か連絡があった。その酒場が「銀漢亭」である。

見た目なかなかロックなご主人だと思えた。話をしてみると、妻の父親と同郷の駒ヶ根出身であり、私と同年輩。そんなことから、常連の仲間入りをさせて頂いた次第である。

暫くして驚きの事実を知る。なんと御主人の伊藤伊那男氏が「俳句」の世界では著名な「俳人」であること。また、常連の方々も「俳句」の世界で活躍されていることである。全く場違いな酒場に来たもんだと躊躇してしまった。

しかし、縁は異な物。伊那男さんの魅力から俳句の門下生となり、俳句の世界へと迷い込んでしまった。実父も義父も早いうちに他界してをり、父親の実像を知らない私が何故か、伊那男先生に父親像を重ねていたのは何故だったのか? それ以来、本当によく通わせて頂き、夕方早くから深夜まで酔っ払っていた。

バブル期に「志峯プランニング」を開設。空間創作家として、展示会、売り場、諸々のデザインデザインを請負えたのは、苦労時代のドリフターズ背景作画の仕事のおかげかも。好き勝手に仕事をし、さんざん遊びまくっていて、何も怖い物なく生きていた。

しかし、「俳句」の世界は自分と向き合う必要があり、「自分」の本音と立ち向かう事を素直に受け入れがたい気持ちがあった。

還暦からの遅い俳句スタート。早く追いつきたいと、がむしゃらに頑張っていたのを懐かしく思う。「銀漢亭」は、自分探しの場所だった。

現在、母親の介護、看取りを見つめる生活。仕方がないと割り切るしかありません。

俳句は自作小俳誌「ひとり酒」を制作した頃がピークだったか? もともと才覚、才能があった訳でもなく笑えます。

「銀漢亭」で得た、仲間、時間、俳句そして「自分探し」。

新型コロナウイルスは、当たり前の様に思う。だからこそ、これからの老いの時間をどう生きるのか? 志峯プランニングも休職となり「日々是好日」とは行かないかもしれないが、「ひとり酒」を味わいながら、終活を踏まえて再スタートを切りたい。

余生に「キャスティング」!


【執筆者プロフィール】
有澤志峯(ありさわ・しほう)
昭和24年福井県生まれ。平成22年「春耕」入会。「銀漢」創刊に参加。平成24年「銀漢」同人。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

ピックアップ記事

2021-7-24

コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る