連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え


ほたるいかの酢味噌和え

Calmars lucioles au miso-vinaigrette


久しぶりに電車で出かけたら、駅に制服の学生さんたちがいっぱいでした。胸にコサージュをつけたり、小さな花束を手にしていたり。卒業式帰りなのですね。

いろいろなことが例年とは違った形になっているのでしょうが、それでもやはり、清々しく希望にあふれた姿に見えました。いつもの駅の地下通路もなんだか華やいでいたようです。

駅ビルでボイルのほたるいかをたっぷり買って帰ってきたので、目玉を取って、半分は酢味噌和えでいただきました。わかめと菜の花も添えて。

もう半分は、酒と醤油を合わせて、沖漬け風にしておきます。

卒業のひとり横向く写真かな  大橋櫻坡子

季語【卒業】【螢烏賊】【若布】【菜の花】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲…
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷…
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村…
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子

おすすめ記事

  1. 【春の季語】魚氷に上る
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  3. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  4. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  6. 【春の季語】浜下り
  7. 【冬の季語】枯木
  8. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  9. 【夏の季語】薔薇
  10. 【#27】約48万字の本作りと体力

Pickup記事

  1. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  2. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  3. 【冬の季語】冬川
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  5. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  6. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  7. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  8. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  9. 【春の季語】囀
  10. 【冬の季語】悴む
PAGE TOP