ハイクノミカタ

馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】


馬孕む冬からまつの息赤く

粥川青猿


作者は北海道十勝の人。十勝で飼養されている馬は主に「ばんえい競馬」用の重種馬といわれる馬で、サラブレッドと比較して体がかなり大きい。乳牛なども重種馬と並ぶと子どものように見えるはずだ。

乳牛は一年中出産があるが、馬の出産は春に限られる。馬の妊娠期間は約11ヶ月と長く、ほぼ一年中妊娠しているようなものだ。晩春から初夏に交配し、秋には獣医師によって妊娠鑑定がなされ、そして長い冬を迎える。

馬孕む冬からまつの息赤く

この句には《馬孕む冬/からまつの息赤く》と《馬孕む/冬からまつの息赤く》の二通りの切れが考えられるが、おそらくは後者だろう。後者の季語「冬からまつ」は、句集中で他にも《冬からまつうつらうつらと馬肉煮え》で使われているからだ。

ただの「冬木」ではなく「冬からまつ」でなければならない理由は何だろうか。それはやはりカラマツという木の存在感だと考えられる。カラマツはもともとは本州の中央高地に自生する樹木で、北海道には植林用として導入されたものだ。従ってカラマツは、かなりの面積にまとまって植えられている。そしてそれらがいっせいに、春には萌葱色の芽吹き、夏は濃密な緑、秋は黄金色の黄葉、そして冬にはすべてが裸木となるという、四季折々の鮮やかな景を見せる。

古代ではカラマツの黄葉のような色も「あか」の範疇であり、また黄葉とは、季節の霊威が憑依したしるしとして認識されていたという。掲句の「冬からまつ」はおそらく裸木となったカラマツだと思われるが、黄葉に霊威があるとするならば、裸木となってそれを失ったのではなく、その霊威はカラマツの特徴である赤みがかった芯の色として残っているのではないか。

その「冬からまつ」が厳かに赤い息を吐く。そして孕んだ馬も、その胎にいる仔馬も、カラマツとともに十勝の風土を構成するものとして、赤い息を吐いているのだろう。

「冬の象」(2015年)所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  2. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  3. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  4. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  5. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  6. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  8. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】

おすすめ記事

  1. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  2. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  3. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  4. 【新年の季語】田遊
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  7. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  8. 【春の季語】梅二月
  9. 【新年の季語】初句会
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  2. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  3. 【春の季語】早春
  4. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  5. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  7. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  8. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  10. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
PAGE TOP