ハイクノミカタ

鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】


鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ

三島ゆかり


ここマンハッタンでも、筆者の散歩コースであるセントラル・パークの池や、ハドソン・リバーに、鴨が見られる季節となった。

掲句は、馴染みのある水辺の鴨の風景ではあるが、読者が十七文字を辿りながら心に映像を再現する、この短い時間の中に静かな驚きを用意してくれている。

試しに、一句がビデオカメラで撮影された光景だと仮定して、それを上五・中七・下五の経過通りに、心の画面に映していってみよう。

再生ボタン、オン。

〈鴨翔つて〉

画面には一羽の鴨が大写しになっている。その鴨が今翔び立った。

〈みづの輪ふたつ交はりぬ〉

カメラはここでグッと引き、画面は、鴨が跳びたったあとの水面に、今跳びたった鴨が作った水の輪と、少し離れたところにできたもうひとつの輪が、互いに広がり交わってゆく様子を映している。

ここで初めて、実は鴨は二羽いて、同時に翔び立っていた、ということに、読者は気づくのだ。

何回も再生するうちには、言外である、翔び立つ時の羽音や水音や、番いの鴨が空を飛ぶ様子を想うこともできるだろう。

掲句は〈鴨翔つて〉の後のカメラの引き、つまりズームアウトに冴えがあった。そこで今度はズームインが効いている鴨の句を、心の画面に映してみよう。

鴨の中の一つの鴨を見てゐたり  高浜虚子

再生ボタン、オン。

〈鴨の中の〉からは、画面に、たくさんの鴨が水面に群れる様子が見え、〈一つの鴨を〉にてカメラは一気にズームイン、一羽の鴨が画面に大写しになった。さらに〈見てゐたり〉にて、なんと、画面の映像に向けていたはずの読者の視線が、このビデオの撮影者の視線となって画面の中に入り込んでいたことに気づく。

ここから読者は、句中の〈見てゐ〉る動作の主として、句中の鴨の詳しい様子や、それを見る心情をじっくりと味わうのだ。

連句誌『みしみし』第四号所載。

*「鴨の中に」は小西昭夫著『虚子百句』(創風社出版)より引いた。

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  2. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子…
  3. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  4. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  5. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  6. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  7. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】…
  8. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  3. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  4. 【冬の季語】寒晴
  5. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  6. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  7. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター
  9. 【春の季語】薄氷
  10. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

Pickup記事

  1. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  3. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  4. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  7. 【春の季語】啓蟄
  8. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  10. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
PAGE TOP