ハイクノミカタ

鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】


鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ

三島ゆかり


ここマンハッタンでも、筆者の散歩コースであるセントラル・パークの池や、ハドソン・リバーに、鴨が見られる季節となった。

掲句は、馴染みのある水辺の鴨の風景ではあるが、読者が十七文字を辿りながら心に映像を再現する、この短い時間の中に静かな驚きを用意してくれている。

試しに、一句がビデオカメラで撮影された光景だと仮定して、それを上五・中七・下五の経過通りに、心の画面に映していってみよう。

再生ボタン、オン。

〈鴨翔つて〉

画面には一羽の鴨が大写しになっている。その鴨が今翔び立った。

〈みづの輪ふたつ交はりぬ〉

カメラはここでグッと引き、画面は、鴨が跳びたったあとの水面に、今跳びたった鴨が作った水の輪と、少し離れたところにできたもうひとつの輪が、互いに広がり交わってゆく様子を映している。

ここで初めて、実は鴨は二羽いて、同時に翔び立っていた、ということに、読者は気づくのだ。

何回も再生するうちには、言外である、翔び立つ時の羽音や水音や、番いの鴨が空を飛ぶ様子を想うこともできるだろう。

掲句は〈鴨翔つて〉の後のカメラの引き、つまりズームアウトに冴えがあった。そこで今度はズームインが効いている鴨の句を、心の画面に映してみよう。

鴨の中の一つの鴨を見てゐたり  高浜虚子

再生ボタン、オン。

〈鴨の中の〉からは、画面に、たくさんの鴨が水面に群れる様子が見え、〈一つの鴨を〉にてカメラは一気にズームイン、一羽の鴨が画面に大写しになった。さらに〈見てゐたり〉にて、なんと、画面の映像に向けていたはずの読者の視線が、このビデオの撮影者の視線となって画面の中に入り込んでいたことに気づく。

ここから読者は、句中の〈見てゐ〉る動作の主として、句中の鴨の詳しい様子や、それを見る心情をじっくりと味わうのだ。

連句誌『みしみし』第四号所載。

*「鴨の中に」は小西昭夫著『虚子百句』(創風社出版)より引いた。

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  3. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  4. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  5. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  6. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  7. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  8. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄

おすすめ記事

  1. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 【春の季語】素魚
  5. 【春の季語】涅槃絵図
  6. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  7. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  8. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  9. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  10. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】クリスマスカード
  2. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  3. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  4. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  5. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  6. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  7. 【#19】子猫たちのいる場所
  8. 【#39】炎暑の猫たち
  9. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】
  10. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
PAGE TOP