ハイクノミカタ

伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】


伊太利の毛布と聞けば寝つかれず)

星野高士

 普通自動車免許(AT限定)を取得した。世界が変わった。人の運転を見ると、ギアをこまめに変えている。やはりマニュアルは私には無理だ。バスに乗ると妙な緊張がとまらない。車間距離、これで大丈夫?自転車を追い越してすぐに対向車線から自動車が来たがするっとすれ違う。なんというなめらかさ!そして大型トラックやトレーラーの運転士の空間認識能力を心底尊敬する日々となった。

 運転を知り、自動車一台一台にキャラクターを感じるようになってきた。ドライバーの性格を推測するのが楽しい。世界はこんなにも生き生きとしている。学生の頃に免許をとっていたら感じ取ることが出来なかったことだろう。今でも電車大好きに変わりはないが、自動車が興味深いものに変わったことは財産だ。

 瀬戸内寂聴が出家したのは51歳。その年齢に私は自動車を生き物として見る視点を手に入れた。人生初というものは減る一方だが、まだこんなに興味深いやり残しがあったのだ。

  伊太利の毛布と聞けば寝つかれず   星野高士

 作者のプロフィールを考えるとイタリア製即ち高級だから緊張して眠れないということはないだろう。しかし作者に寄り添わない読みもあって良いと思う。とはいえ素直に考えればイタリアのキーワードから現地の美しい景色や建造物、美味しい食事などが次々と脳内に甦ってきて興奮状態となったのではないだろうか。世界各地の中でもイタリアには殊に思い入れがあるに違いない。遠足前夜の心持になりつつ、結局は快適な毛布から心地よい眠りに落ちたはずである。

 掲句、イタリアでも伊太利亜でもなく、「伊太利」と綴っている点に注目したい。この字であれば「イタリア」と読むこともできるが最初に浮かぶのは「イタリー」という少し古めかしい呼び名である。この古さが今よりずっとイタリアが遠かった時代を思わせ、高級感を増大させる。こうなってくると「ア」や「亜」は邪魔なのである。さらに、布団ではなく毛布。布団と言ってしまうと日本の生活感を免れることが難しい。ここは毛布がその質感も含めて絶妙なのである。

 その毛布が伊太利からきたものとわかる前とわかった後の気持ちの差異を純粋に楽しんでいる。知るとは不可逆的なことだ。一度知ってしまったことを知らなかったことにすることはできない。でも、ご心配なく。知らないことはまだまだ無限にあるし、体験したことのないものもいくらでも挙げられる。まだ人生を楽しみつくしてはいないのだ。

『渾沌』(2022年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】

星野高士句集『渾沌』!】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  2. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井…
  3. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  4. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)…
  5. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
  6. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  7. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  8. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の雪
  2. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  3. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  5. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  6. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  7. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  8. 【冬の季語】数え日
  9. 【春の季語】屋根替
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  2. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  3. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  4. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. 【春の季語】花粉症
  6. 【春の季語】旧正
  7. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  9. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
PAGE TOP