吉田林檎

  1. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】

    コスモスや泣きたくなつたので笑ふ吉田林檎 山口百恵の曲「秋桜(コスモス)」は嫁ぐ娘が母を想う歌である。大まかなストーリーはこんな感じである。母は縁側でアルバムを開き、娘の幼い日々を思い出す。そして娘…

  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ

    【第6回】母の名を継ぐ者(2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ)…

  3. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】

    胎動に覚め金色の冬林檎)神野紗希)(『すみれそよぐ』所収)…

  4. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】

    呼吸するごとく雪降るヘルシンキ)細谷喨々)(『父の夜食』所収)…

  5. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】

    嚔して酒のあらかたこぼれたる)岸本葉子)(『つちふる』所収)…

  6. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】

  7. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)

おすすめ記事

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  4. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  5. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

Pickup記事

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  3. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  4. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  5. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
PAGE TOP