ハイクノミカタ

アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】


アカコアオコクロコ共通海鼠語圏 

佐山哲郎


「圏」という概念はやっかいで、豊かな多様性を観察するのに役立つこともあれば、その反対に怪しげな宿命論的同一性を生み出すこともある。とくに言語について語る場合はその傾向が強く、植民地政策の生き霊を召喚してしまうことも少なくない。

アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎

アカコ、アオコ、クロコの三種は学名上ではすべて「マナマコ」である。しかし近年行われたDNA鑑定によれば、外海の岩場に生息するアカ型と、内湾の砂泥底に生息するアオ型やクロ型は別種であることがわかっているらしい。掲句はハナモゲラ語を彷彿とさせる〈アカコアオコクロコ〉の字面がとんでもなくキュート。振り返ればわたしが幼稚園に上がる前、最初におぼえた外国語はハナモゲラ語だった。ほぼ毎日「ひらけ!ポンキッキ」で「ソバヤ」が流れていたのだ。そんなこともあってわたしは掲句に、言葉の戯れのもたらす幸福感のみならず、ゆりかごに揺られているような安心感をもおぼえる。

〈アカコアオ/コクロコ/ナマコゴ〉の動詞活用っぽい言葉遊び。中八のリズム。下五の字余り。みっちり具のつまった折り箱をいただくときのような充実が、視覚的にも聴覚的にも味わえて楽しい。意味の因習からたんに逃れているのではなく、その因習を逆手にとって華やかなエンタメにしてみせたところがこの充実の秘密だろう。

小津夜景


🍀 🍀 🍀 季語「海鼠」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【お知らせ】*画像から詳細ページにリンクします


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)…
  2. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  3. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  4. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  5. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
  6. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  7. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  8. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】

おすすめ記事

  1. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  2. 【#14】「流れ」について
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  4. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  6. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  9. 【新年の季語】田遊
  10. 【夏の季語】滝

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  2. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  4. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  5. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  6. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  7. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  8. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  9. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  10. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
PAGE TOP