ハイクノミカタ

ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】


ミシン台並びやすめり針供養)

石田波郷)

 母が洋裁学校に通い始めたのは、子育てがひと段落したと考えたからだっただろうか。それまでも、十代の私がへたなデザイン画を渡せば、イメージ通りに仕上げてくれていたが、細かい仕上げがプロとは違う、と常々言っていた。

 母とふたりで、ユザワヤで適当な生地が見つからないと日暮里の問屋街に買いにゆき、銀座のミタケに釦を探し、新宿の岡田屋にボタンホールの仕上げを出し、というのは、私にとってはいい思い出だが、昭和五十年代、既製服のバリエーションが今ほどなかった時代、ひとと違ったお洒落をするには、自分で思い通りに作る技術を身につけるしかない、というもう少し切実な気持ちが母にはあったのかもしれない。

 元々は油絵を描き芸大を目指していた母だが、その方面はどうも上手くいかなかったようだ。母の描いた静物画は古臭いフランドル絵画か、というタッチと色彩。マティスとセザンヌが好きだったが、真似をすればデッサンがごまかせるからではないか、と私は勘ぐっていた(彼らは意図的にデフォルメしたのだ)。中学時代、水彩画の宿題を家に持ち帰ったとき、樹木の影を勝手に青く塗られてしまい、怒ったことがある。母は「セザンヌ風よ」と涼しく言ったが。

 他にもアートフラワー、書道、陶芸、編み物、何かしら常に創作していたが、母の才能が一番発揮されたのは、フランス刺繍ではなかったかと思う。タチヤナ先生のお稽古に通い、色のグラデーションが美しい薔薇の蕾のテーブルセンター、クッションカバー、17-18世紀頃のイタリアの室内装飾をモチーフにした飾り額など作っていたが、どれもなかなかの出来栄えだった。

 そして、だから、というべきか、母の認知症が明らかになったのも、この得意だった刺繍の糸運びの乱れからだった。昨日は針供養。今は施設で穏やかに暮らす母を思う。

内村恭子


【執筆者プロフィール】
内村恭子(うちむら・きょうこ)
1965年東京生まれ。
2002年「天為」入会。2008年「天為」同人。
2010年「天為」新人賞。2013年 第一句集「女神(ヴィーナス)
現在、天為編集室、国際俳句交流協会事務局勤務。俳人協会会員。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2022年2月の火曜日☆永山智郎のバックナンバー】

>>〔1〕年玉受く何も握れぬ手でありしが  髙柳克弘
>>〔2〕復讐の馬乗りの僕嗤っていた    福田若之

【2022年2月の水曜日☆内村恭子のバックナンバー】

>>〔1〕琅玕や一月沼の横たはり      石田波郷

【2022年1月の火曜日☆菅敦のバックナンバー】

>>〔1〕賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎
>>〔2〕血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は   中原道夫
>>〔3〕鉄瓶の音こそ佳けれ雪催      潮田幸司
>>〔4〕嗚呼これは温室独特の匂ひ      田口武

【2022年1月の水曜日☆吉田林檎のバックナンバー】

>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希

【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  2. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  3. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  4. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  5. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  6. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  7. 身支度は誰より早く旅涼し 阪西敦子【季語=涼し(夏)】
  8. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨に入る
  2. 【新年の季語】門の松
  3. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  4. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  5. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  6. 【冬の季語】短日
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  8. 【冬の季語】梟
  9. 【冬の季語】冬の水
  10. 【秋の季語】吾亦紅

Pickup記事

  1. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】
  2. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  3. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  4. 【秋の季語】秋の空
  5. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  6. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  7. 【冬の季語】白菜
  8. 【秋の季語】秋刀魚
  9. 蛍火や飯盛女飯を盛る 山口青邨【季語=蛍火(夏)】
  10. 【冬の季語】冬の薔薇
PAGE TOP