ハイクノミカタ

牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】


牛乳の膜すくふ節季の金返らず

小野田兼子


季語は「節季」。講談社日本大歳時記の解説には、「本来は、季の節、即ち各季節季節の終わりのことであるが、転じてお盆や年の暮の商売上の勘定期を言うようになり、句の季題としては年の暮のそれに当てられている。(…)現代では、盆暮の総勘定などということは実際には殆どなくなっていよう(…)」とある。確かにこの季語はもう使われることはほとんどないだろう。実際に、夏井いつき「絶滅危急季語辞典」(ちくま文庫)にもちゃんと掲載されている。

しかし現代でも農業経営では年末が決算期で、勘定を締めることは必須だ。多くの農家は春に種子や肥料を「ツケ」で買い、秋の収穫の代金で精算する。そうすることで無事年を越すことができるのである。

だが収入が落ち込んだり、予期せぬ支出があったりすると、その「ツケ」の分は払えなくなる。どうしても年末には精算しなくてはいけないシステムになっているので、不足分は正式に借用書を書いて金を融通してもらうことになる。そうすると、翌年はその借金(もちろん利息付きだ)を返した上に通常の利益を上げねばならず、なかなか厳しい状況が待っているということになってしまう。

牛乳の膜すくふ節季の金返らず

掲句は商人の立場で詠まれたものだろう。「ツケ」で売った代金が返って来なかったのだ。牛乳を沸かした際に張る膜を掬うという、はなはだつまらない、そして余計とも思える行為に、その口惜しさが投影されている。

一方で、牛乳を売って生計を立てている私にしてみれば、捨てられる膜といえども販売代金の一部であり、その膜の部分くらいが利益ということもありそうだ。そう考えると、掲句の哀感がいやおうなしに増すように思えてくる。

講談社 新日本大歳時記」(1983年)より引いた。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  2. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】…
  4. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)…
  5. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  6. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  7. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  8. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】

おすすめ記事

  1. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  2. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  3. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  4. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  5. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  6. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  8. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  10. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

Pickup記事

  1. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  2. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  3. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  8. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  9. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  10. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
PAGE TOP