連載・よみもの

【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール


グジェール

Gougères au fromage


大晦日のことをフランス語ではレヴェイヨン(réveillon)といいます。年越しのお祝いに欠かせないのは、シャンパーニュ。

「シャンパーニュ」と呼ぶことができるのは、フランス東部のシャンパーニュ地方で栽培したぶどうのみを使い、シャンパーニュ地方で醸造されたものだけ。他の地方で作られる発泡ワインは「クレマン」と総称され、厳密に区別されます。実は発泡ワインの歴史はロワール地方のほうが古く、ロワール産のクレマンもとてもおいしいのですが。

甘くないシュー生地にチーズを混ぜ込んでひと口サイズに焼いた「グジェール」は、シャンパーニュやクレマンによく合うおつまみ。クリスマスやレヴェイヨンのお祝いにもぴったりです。

忘年や身ほとりのものすべて塵  桂 信子

季語【忘年】【大晦日】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  5. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】

おすすめ記事

  1. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  2. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  4. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  5. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  6. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  7. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  8. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  9. 【新年の季語】門の松
  10. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  2. 【夏の季語】サイダー
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  4. 【新年の季語】元旦
  5. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  6. 【春の季語】紙風船
  7. 【新年の季語】去年今年
  8. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  9. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  10. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
PAGE TOP