俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子


俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #6

藤原暢子


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)小田空『目のうろこ―尻暗い観音ユーラシアひとり旅』(集英社、1991年)

2)小野和子『あいたくてききたくて旅にでる』(PUMPQUAKES、2020年)

3)友部正人『ニューヨークの半熟卵』(ビレッジプレス、2003年)

4)安房直子『風と木の歌―童話集』(偕成社、2006年)

5)アントニオ タブッキ『インド夜想曲』(白水社、1993年)

6)知里真志保『和人は舟を食う』(北海道出版企画センター、2000年)

7)林芙美子『林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里』(岩波書店、2003年)

8)星野道夫『旅をする木』(文藝春秋、1999年)

9)植村直己『青春を山に賭けて』(文藝春秋; 新装版、2008年)

10)宮本常一『宮本常一』(筑摩書房、ちくま日本文学 22、2008年)


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
藤原暢子(ふじわら・ようこ)
1978年鳥取生まれ。岡山育ち。東京在住。2010年から2012年は、ポルトガルの首都リスボンで過ごす。2000年夏「魚座」入会、俳句を始める。2006年「魚座」終刊。2007年創刊より「雲」入会。2017年から2019年「群青」へも参加。現在「雲」同人。俳人協会会員。第10回北斗賞受賞。第1句集『からだから』(文學の森/2020年)。ポルトガルにて写真を学び、写真家としても活動。



【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】

#5 渡部有紀子さん(「天為」)のホンダナ!
#4 西生ゆかりさん(「街」)のホンダナ!
#3 三島広志さん(「藍生」「いぶき」)のホンダナ!
#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  6. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  7. 【#33】台北市の迪化街
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄

おすすめ記事

  1. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  2. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  3. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  4. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  6. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  7. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  8. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  9. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】
  10. 【春の季語】春泥

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  2. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  3. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  4. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  6. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  7. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  9. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  10. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
PAGE TOP