俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子


俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #6

藤原暢子


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)小田空『目のうろこ―尻暗い観音ユーラシアひとり旅』(集英社、1991年)

2)小野和子『あいたくてききたくて旅にでる』(PUMPQUAKES、2020年)

3)友部正人『ニューヨークの半熟卵』(ビレッジプレス、2003年)

4)安房直子『風と木の歌―童話集』(偕成社、2006年)

5)アントニオ タブッキ『インド夜想曲』(白水社、1993年)

6)知里真志保『和人は舟を食う』(北海道出版企画センター、2000年)

7)林芙美子『林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里』(岩波書店、2003年)

8)星野道夫『旅をする木』(文藝春秋、1999年)

9)植村直己『青春を山に賭けて』(文藝春秋; 新装版、2008年)

10)宮本常一『宮本常一』(筑摩書房、ちくま日本文学 22、2008年)


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
藤原暢子(ふじわら・ようこ)
1978年鳥取生まれ。岡山育ち。東京在住。2010年から2012年は、ポルトガルの首都リスボンで過ごす。2000年夏「魚座」入会、俳句を始める。2006年「魚座」終刊。2007年創刊より「雲」入会。2017年から2019年「群青」へも参加。現在「雲」同人。俳人協会会員。第10回北斗賞受賞。第1句集『からだから』(文學の森/2020年)。ポルトガルにて写真を学び、写真家としても活動。



【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】

#5 渡部有紀子さん(「天為」)のホンダナ!
#4 西生ゆかりさん(「街」)のホンダナ!
#3 三島広志さん(「藍生」「いぶき」)のホンダナ!
#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#25】写真の音、匂い
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  3. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】

おすすめ記事

  1. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  2. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  3. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  5. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  6. 【冬の季語】数え日
  7. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  8. 【冬の季語】おでん
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】

Pickup記事

  1. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  3. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  4. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  6. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  7. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  8. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  9. 【春の季語】卒業す
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
PAGE TOP