神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆

田村さん

松尾清隆(「松の花」同人)

田村さんとは、歌人・田村元(たむら・はじめ)氏のことである。銀漢亭の客はほぼ俳人であったから、俳人にまつわる面白エピソードには事欠かないのであるが、特に気に入っているネタはインターネット上で広く公開するのに適さないだろうという大人の判断により、今回は書評風の記事でお茶をにごすことにする。

紹介する本は、『歌人の行きつけ』(いりの舎刊)。著者は田村さん。

同書は、平成25年から平成28にかけて「うた新聞」に連載された同名の記事を書籍化したもの。俳人にもお馴染みの新宿西口「ぼるが」から始まり、石川啄木ゆかりの浅草「米久」や塚本邦雄の著書に登場する大阪「トリトーネ」など歌人たちの愛した店(居酒屋を主に、そうでない店も)を綿密な文献調査によって探索し、現在も営業している店をみつけては現地に足を運ぶ、という泥臭いスタイルで執筆された好評連載の単行本化である。

田村元『歌人の行きつけ』(いりの舎刊)

さて、われらが銀漢亭については……

「初訪問の日は、ある俳人の誕生会のため貸し切りだったが、残念そうにしていたら店に入れてもらえた。この店で知り合った同世代の俳人も何人かいる。」

との記述がある。

この初訪問の当時、H書店が刊行する短歌誌の編集をしていた私にとって歌壇賞作家である田村さんは同誌の大事な執筆陣のお一人という認識で、実際に原稿のやりとりは頻繁にしていたものの打ち解けてお話する機会はまだなかった。この日の「誕生会」には私も出席することになっていたが、仕事ですこし遅れて行ったのだったと思う。

銀漢亭に着いた私は俳人ばかりの店内に田村さんが居ることに驚いたが、予て田村さんが同年生まれであることは知っていたので、ここぞとばかりに交流を深めることにして、やはり同年生まれの阪西敦子といった若手をつぎつぎに紹介したのだった。短歌誌の編集をはなれた今でも、年賀状のやりとりなど田村さんとの交流は続いている。

後日わかったことだが、この日、貸し切りの店内に田村さんを招き入れた人物というのが、私の岳父・矢野春行士(「玉藻」同人)。世間は広いようで、だいぶ狭い。


【執筆者プロフィール】
松尾清隆(まつお・きよたか)
昭和52年、神奈川県平塚市生まれ。「松の花」同人。元編集者。「セクト・ポクリット」管理人・堀切克洋が俳句をはじめる前からの〝フットサル仲間〟でもある。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋につい…
  6. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(…
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】

おすすめ記事

  1. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  2. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  3. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  4. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  5. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  6. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  7. 数と俳句(三)/小滝肇
  8. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  9. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  10. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021

Pickup記事

  1. 【春の季語】春野
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  6. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  7. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  9. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  10. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
PAGE TOP