連載・よみもの

【#33】台北市の迪化街


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#33】


台北市の迪化街

青木亮人(愛媛大学准教授)


台北の迪化街

台北市の西部にあたる迪化街(てきかがい)は台湾の中でも歴史の古い界隈であり、かつて問屋街として賑わった街である。迪化街は大きな淡水河そばにあり、元来は水田が広がる地域として「大稲埕(だいとうてい)」と呼ばれていた。やがて福建省から多くの漢人(中国人)が入植して住宅地となり、迪化街は淡水河の水運を活かした物資の集散地として大いに栄え、一大商業地に変貌したのである。

迪化街は古くから繁栄した界隈であり、また漢人が多く住み、在住日本人の割合が少なかったこともあり、独特の建築が建ち並ぶことになった。漢人の郷里である中国の華南地域の様式に加え、バロック的な洋風や日本風の建築も混淆した結果、独特の風趣を湛えるようになったのである。

顔義成商行

写真の建物は1920年代に建てられ、二階部分からバロック様式の洋風建築になっているのが独特だ(一階部分は亭仔脚と呼ばれるファサードの通路になっている)。

迪化街は太平洋戦争時にアメリカ軍の空襲に遭わなかったため、写真のような日本統治時代の建築が数多く遺されることになった。多くは今も使用されており、その意味でも迪化街は台湾の歴史を物語る地域といえよう。

ところで、かような迪化街を散策していると「永楽」の名を冠した店や看板をたまに見かけることに気付き、驚いたことを覚えている。

迪化街の「永楽布業商場」(布市場)

上の建物の切文字看板を目にした時に息を呑んだのは、日本統治時代の記憶に触れたような気がしたためだ。迪化街界隈は、日本統治時代には「永楽町」と呼ばれていた。その名残が現代の店名に遺っているとは予想していなかったため、少なからず驚いたのである。

「永楽町」は日本の敗戦後に中華民国政府が台湾を支配した際、迪化街と名付けられて今に至っている。「大稲埕」から「永楽町」、そして「迪化街」へ……名の変遷は、そのまま台湾の複雑な歴史を物語っていよう。ちなみに、「迪化」は「啓迪教化」を意味し、ウイグルのウルムチ一帯を指す言葉だ。かような語が永楽町一帯に付されたのは、なかなか含蓄がある。

午前の人通りの少ない迪化街を散策しながら、私はアジアの近代史に少し触れたような気がしたものだった。

【次回は1月15日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生まれ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#32] 『教養としての俳句』の本作り
>>[#31] ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
>>[#30] 公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
>>[#29] スマッシング・パンプキンズと1990年代
>>[#28] 愛媛県の岩松と小野商店
>>[#27] 約48万字の本作りと体力
>>[#26-4] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
>>[#26-3] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
>>[#26-2] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
>>[#26-1] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
>>[#25] 写真の音、匂い
>>[#24] 愛媛の興居島
>>[#23] 懐かしいノラ猫たち
>>[#22] 鍛冶屋とセイウチ
>>[#21] 中国大連の猫
>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#27】約48万字の本作りと体力
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と…
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  8. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【4月30日締切】

おすすめ記事

  1. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  2. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  3. 【春の季語】春分
  4. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  5. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  6. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  7. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  8. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  9. 【秋の季語】末枯る
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂

Pickup記事

  1. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  2. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  3. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  4. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  5. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  7. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  8. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  9. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  10. 【春の季語】黄水仙
PAGE TOP