連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト


エゾシカのロースト、木苺のソース

Rôti de cerf à la sauce aux framboises


先日、本当に久しぶりに料理教室を再開しました。初冬のメニューに選んだのは、エゾシカです。
猟の獲物を分けていただく機会に恵まれることもありますが、最近はオンライン肉店で安定的に購入できるようにもなりました。

本州のニホンジカもそうですが、エゾシカは数が増えすぎて、森林を荒らす害獣として駆除対象になっているのだと聞きます。
わが家で食べるくらいではたいした消費量にはなりませんが、柔らかく臭みのない赤身肉のおいしさを知ってもらいたいと思い、数年前からレッスンのメニューに加えました。

エゾシカは、アイヌ文化では、神が人間のために地上へ放ってくれるものと考えられていたのだとか。
自然の恵みである鹿肉は、その癖のなさを生かし、白ワインと玉ねぎ・ハーブだけでマリネし、シンプルにロースト。
マリネ液に木いちごのジャムを加えたベリーのソースを添えました。

 猟犬を待つ白樺のほとりかな  水原秋櫻子

季語【猟犬】【狩】【猟期】【冬の鹿】【鹿】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  2. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  3. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【202…
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男…
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一

おすすめ記事

  1. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  2. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  3. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  4. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  6. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  7. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  8. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  10. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

Pickup記事

  1. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  2. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  3. 【秋の季語】銀漢
  4. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  5. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  6. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  7. 【新年の季語】福寿草
  8. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  9. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  10. 【冬の季語】咳
PAGE TOP