【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。今月は、36結社にご参加いただきました!ご参加、ありがとうございます。

このページの句から一句選んで鑑賞する読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」、11月20日締切です。どなたでもご参加いただけますので、詳しくはこちらをご覧ください。

来月分のコンゲツノハイク(11月30日締切)については、こちらのフォームからご投稿ください


コンゲツノハイク 2021年11月
(2021年10月刊行分)

今月の参加結社(36)=「秋」「秋草」「いには」「炎環」「円虹」「海原」「火星」「かつらぎ」「銀化」「銀漢」「雲の峰」「櫟」「群青」「澤」「磁石」「秋麗」「青山」「鷹」「たかんな」「滝」「橘」「田」「天穹」「童子」「都市」「南風」「鳰の子」「濃美」「ひろそ火」「ふよう」「ホトトギス」「松の花」「百鳥」「森の座」「街」「雪華」


「秋」(主宰=佐怒賀正美)【1961年創刊・東京都練馬区】
<2021年10月号(通巻598号)>
カタコンベに聖画(イコン)眩しむ青蜥蜴   阿部まりあ
夜に隠る家家の(あい)百合ひらく    阿部まりあ
葭切に湖風破れむばかりなり    阿部まりあ
八相の構へ対する小梅の木     齊藤眞理子
ラスボスは小さき老女梅雨館    齊藤眞理子
薔薇のアーチの先は中世ラビリンス 齊藤眞理子
でで虫の分だけ傾ぐ夜のシーソー   中根文子


「秋草」(主宰=山口昭男)【2010年創刊・兵庫県神戸市】
<2021年11月号(通巻143号)>
正面に坐る孔子や月の秋       山口昭男
唐辛子雁字搦めの赤さかな     岩口まり子
いつまでも浮輪のなかにをりしかな 渡辺一二三
美しく拭きし黒板秋涼し      村上瑠璃甫
秋暑し両掌に鉄棒のにほひ      田邊大学
つつかけで来て耳打を藤袴     小泉和貴子
滝は連続滝音は非連続       宮野しゆん


「いには」(主宰=村上喜代子)【2005年創刊・千葉県八千代市】
<2021年11月号>
浅草をぶらぶら後の更衣         村上喜代子
虫の夜は無理して眠ることもなし   小見恭子
夏手袋最上階のボタン押す      高山絵美
食ぶる音のはしたなけれど熟れトマト 松澤健治
タワマンを建てる建てない立葵    斉藤信一


「炎環」(主宰=石寒太)【1989年創刊・埼玉県志木市】
<2021年10月号(通巻496号)>
楸邨と越えし九頭竜ダムの夏      石寒太
雲海の中から赤きブルドーザー    山田清明
炎天下島原一揆供養塔      元川よしひろ
みんみんのみんへ一歩よ核反対     山崎彩
みんみんの貸し切りとなり薬師堂   佐藤弥生
離れゐても心通ふ日縷紅草     壬生きりん
ハンカチの薄き母の名たたみけり   たむら葉


「円虹」(主宰=山田佳乃)【1995年創刊・兵庫県神戸市】
<令和三年十月一日(第322号)>
途切れなく声なき声の蟻の列    木村英一郎
己が香の重さに開く女王花     竹村あきを
会ひたしと結ばれし文合歓の花    前川和代
どの船も満帆といふ夏の昼      新家月子
片陰を出て一望の海碧し       山﨑重軌
ラムネ飲む目は大空を見詰めつつ   中村高士
廻るだけ廻りでもどる釣忍      森 佳子


「海原」(代表=安西篤)【2018年創刊・千葉県市川市】
<2021年10月号(通巻32号)>
ラベンダー不意打ちの別れのことば  石橋いろり
向日葵やヒロシマの日もぬっと咲き   竹田昭江
夏シャツの鉤裂き自由からの逃走    新野祐子
アカシアは幼い鶴の匂いする      佐々木宏
昼寝覚め年相応という難問       宮崎斗士
紅葉燃えて明日は遺伝子組み換えて   田中信克
色のない病魔におびえ夏銀河     谷川かつゑ


「火星」(主宰=山尾玉藻)【1936年創刊・大阪府大阪市】
<2021年10月号(通巻981号)>
さびしいとよほろつつきしゑのこ草   山尾玉藻
打水の音とときをり桶の音      坂口夫佐子
日盛に用足しに出る寂しさは       湯谷良
その顔もその前脚も子蟷螂       五島節子
ごきぶりの日向に追はれ出し誤算    藤田素子
草ぐさを焔のやうに梅雨の蝶      永井喬太
駒鳥の嘴ふるふ森ふるふ       窪田精一郎


「かつらぎ」(主宰=森田純一郎)【1929年創刊・兵庫県宝塚市】
<2021年10月号(通巻1102号)>
鉾縄を跨ぎ一喝されにけり      森田純一郎
厩出やまづは風嗅ぎ大地嗅ぐ     平田冬か
かなかなや良き林相を降つてくる   村手圭子
絵と違ふ鳥の出てくる巣箱かな    進藤沙世子
ただ灼けてゐる真昼間の飲屋街    堀康恵
手の届く惑星のやう釣忍       田島かよ 
墓洗ふ背広の袖を汚しては      菅原好隆


「銀化」(主宰=中原道夫)【1998年創刊・東京都港区】
<2021年11月号(通巻278号)>
新盆のどこか寂しく賑はへり     下村志津子
あの子が欲しい相談しましよ八頭   川本利範
ベランダに蛍となつてゐる時間    佐藤村夫子
修学旅行ビードロの吹き比べ     三村凌霄
疵物にされては困る桃ばかり     土井田晩聖
銀漢や音のみ走るオートバイ     渡邉マミヲ
無器用につける薬とゐのこづち    藤井和恵



銀漢(ぎんかん)」(主宰=伊藤伊那男(いなお)【2011年創刊・東京都千代田区】
<2021年11月号(通巻131号)>
大文字蛤御門に凭れ見る      伊藤伊那男
鰻重を食うて人生折り返す      荻野ゆ佑子
光悦寺風の梳くまで松手入      多田悦子
母の一歩父への一歩盆の道      武井まゆみ
人偲ぶときは目を閉づ夜半の秋    杉阪大和
五十年抜けぬ訛や盆帰省       中山桐里
ゆらめきに芯あるごとく芋の露    市川蘆舟


「雲の峰」(主宰=朝妻力)【1989年創刊・2001年結社化・大阪府茨木市】
<2021年10月号(通巻364号)>
秋の夜や兄の形見のガラスペン     朝妻力
送り梅雨鬼の足跡てふ窪み     川野喜代子
生醬油の弾かれさうな新豆腐    志々見久美
一本に一願千の胡瓜を封じけり   福田キサ子
友と祝ぐ誕辰卒寿涼新た       荒木有隣
国盗りの城をそびらに鵜飼舟     藤原俊朗
半切の箍のゆるめる暑さかな    松本すみえ


「櫟」(主宰=江崎紀和子)【1993年創刊・愛媛県東温市】
<2021年10月号(通巻337号)>
だまし絵にだまされにゆく夏休    櫛部天思
夏の夜の風と無呼吸症候群      井門忠士
蟾強かヒトは愚かや戦なほ      種谷良二
断層めくメロンの網目水の星      室達朗
ごきぶりと一緒に昇るエレベータ  合志伊和雄
栓抜きは抽斗の奥送り梅雨      三瀬直子
理屈などどうでもよくて西瓜割り   児島亮介


「群青」(代表=佐藤郁良・櫂未知子)【2013年創刊・東京】
<2021年10月号(通巻45号)>
力抜くことも大切水中花      碩真由美
白粥にさみどり映えて避暑の宿   近藤和奏
白木槿明日の服を畳み置き     川島ひろの
井戸水に放つ白さや新豆腐     大槻紀子
空港にピアノがひとつ夏休     塩崎帆高
蠅の目に吾が魂胆の映りけり    吉沢道夫
耳の骨まで月光の襲ひ来る     永山智郎
ハイビーム消して蛍へ突込みぬ    岩田奎


「澤」(主宰=小澤實)【2000年創刊・東京都杉並区】
<2021年10月号(通巻259号)>
気泡の中鮎光るなり飛び込めば    小澤 實
キャベツ売場に外葉用ゴミ袋     天野正子
自称して叡智人(ホモ・サピエンス)ひでり星      池田瑠那
落ちし汗モップに拭くやバスケ部員 戸川由紀子
るあんぱばーんるあんぱばーん遠花火 光本蕃茄
向日葵の種採る靴に踏みつけて   森山くるみ
裸足の子裸足の父の肩の上      藤田敏弘


「磁石」(主宰=依田善朗よだぜんろう【2021年1月創刊・埼玉県蓮田市】
<2021年9月号(通巻5号)>
土踏まぬ日々妻痩せて更衣      依田善朗
眼科医のくまなく覗く我が銀河    守屋明俊
陶枕にをさまるほどの俳諧ぞ     角谷昌子
数字数字数字のニュース梅雨兆す  新海あぐり 
内臓の冷めてくる夜や蛍籠      坂田晃一
あぢさゐや翳りて色の定まりぬ    吉田祥子
検索の履歴消したる太宰の忌     寺澤 始


「秋麗」(主宰=藤田直子)【2009年創刊・神奈川県川崎市】
<2021年10月号(通巻133号)>
居留地に落ちて地の色銀杏の実   藤田直子
潮騒の湿る砂丘や実はまなす    大郷石秋
金魚玉余命を夢の中に生き     市村栄理
一本の一千萬の門火かな      外池拓人
向かうでも患者笑はせ瓜の馬    三輪真子
一秒の大差を泣けり夏五輪      池田章
真菰馬祭ふたたび運び来よ    南出ひろみ


青山せいざん」(主宰=しなだしん)【1982年創刊・神奈川県横浜市】
2021年10月号(通巻467号)>
定刻に迎への車菊日和       山崎ひさを
ゆふぐれの小富士のごとく藁こづみ しなだしん
醜草の露のひかりを踏み歩く     井越芳子
錆色はすがれのあかし朴の花     山本洋子
冷し馬曳上ぐるとき尻を押す     東畑孝子
ふるさとは電車ひと駅夏の月    神戸美沙子
水匂ふ腐草螢と為る夕べ       坂東文子


「鷹俳句会」(主宰=小川軽舟)【1961年創刊・東京都千代田区】
<2021年11月号>
雲上にひらく機内誌ひややかに    小川軽舟
墓石みな赤心に照り田水沸く    布施伊夜子
出港を待たず去りけり秋日傘     西山純子
シャツの袖あはせて畳む長崎忌    安食亨子
蜩の森出戻りの子と歩く      木村隆由季 
火蛾払ひ薬臭の身を持て余す    加儀真理子
長き夜や眠れぬ時間のしかかる     齋藤伸


「たかんな」(主宰=吉田千嘉子)【1993年創刊・青森県八戸市】
<2021年10月号(通巻346号)>
帽子ごと遺品となりぬ赤い羽根   吉田千嘉子
診療船着くオリーブの咲く島へ    難波政子
サングラスずらして色を確かむる  小野寺和子
家族みな揃ひし夜のメロンかな    北村貞美
灯台の暮色まみれや実はまなす    大内鉄幹
蟬しぐれ重しと思ふ朝かな      池上美海
はしやぐ声プールの形に湧き上がる  片山静子



「滝」(主宰=成田一子)【1992年創刊・宮城県仙台市】
<2021年10月号(通巻357号)>
白菊や靴下うすく人悼む       成田一子
銀漢や軍艦の骨立ちあがる     石母田星人
ポスターの老ゆるジュリーへ草矢射る 遠藤玲子
鈍角に犬の吠えゐる大暑かな     斎藤伸光
香水や一番線に恋をはる       斎藤善則
恐竜展見し夜の硬き髪洗ふ      加藤信子
空港の皆異人めく終戦日       阿部元居


たちばな」(主宰=佐怒賀直美)【1978年創刊・埼玉県久喜市】
<2021年10月号(通巻526号)>
空どこか鳴つて降り出す送り梅雨   中山明代
急に手帳取り出す炎天下の舗道  佐怒賀由美子
水打つて足に纏はる日の匂     真保ユキ子
夏蝶へ出席葉書投函す        松井 努
三界諸天夏かまきりのなほ青む   干野風来子
潮風の来る坂道や合歓の花     花輪ゆき子
青葉木莬背中に聞いてミシン踏む  髙嶋あけみ


(でん)」(主宰=水田光雄)【2003年創刊・千葉県市川市】
<2021年11月号(通巻224号)>
パッションフルーツ忍者の如く隠し持ち 清水余人
卓上の小蟻へ指の殺意かな       細川朱雀
潮風のつるりと抜けて籐寝椅子    佐藤千恵子
背中より朽ちる音して梅雨菌      間 恵子
マニキュアに星一つのせ更衣      村上清美
撫でてみる夏草金に変はりけり      草子洗
街ぢゆうの日傘のなかのひとりきり  笠原小百合


天穹(てんきゅう)」(主宰=屋内修一)【1998年創刊・東京都渋谷区】
<2021年11月号(通巻285号)>
預かりし子を日焼子にして戻す    川手和枝
絵日記にちひさき虚栄夏休み    田中国太郎
新涼の木の香散らして鉋引く     塚本一夫
「只今」と山に一声盆帰省      前田勝洋
金剛杖のごとく自然薯持ち帰り    大内民雄
踊らぬと押し問答の末踊る      鈴木霞童
稲びかり子のラブレター見てしまふ  前川尚子


「童子」(主宰=辻桃子)【1987年創刊・東京都国立市】
<2021年11月号(通刊411号)>
現し身の開襟シャツに醤油垂れ      白井薔薇
ジョセフィーヌと名を付けられし女郎蜘蛛 西田東風
我死なばごみとなる書を曝すかな     田代草猫
新涼の鍼にぴくりと腕の筋        大野勝山
抱かれたる夢から醒めてハンモック  コスモメルモ
百年の帯屋の若旦那(ぼん)と鱧づくし    ふくしま桐里
フェンスなど掴みつまらぬ飛蝗かな    西沢 爽


「都市」(主宰=中西夕紀)【2008年創刊・東京都町田市】
<2021年9月号(通巻82号)>
干す糸の色かがやけり秋の風     中西夕紀
隣家より月下美人の咲く知らせ    盛田恵未
炎天の目蓋を白く鶏眠る       森 有也
風とくる水鉄砲の流れ弾       高橋 亘
翡翠の日の斑を割つて水に入る    秋澤夏斗
あぢさゐや飴煮の雑魚はほろ苦く   石黒直子
わが箸は剥げても輪島豆ごはん    打木歩人


南風(なんぷう)」(主宰=村上鞆彦(ともひこ)【1933年創刊・東京都葛飾区】
<2021年11月号(通巻936号)>
種をとるまでが宿題あさがほ伸ぶ   帯谷麗加
桃を剝く一部始終を見られをり    上田和子
新涼のジョギングの肘尖りけり    平田華子
ほほづきや伝票書くに壁つかひ    若林哲哉
秋澄むやハープの弦の赤と青    村田惠美子
駅ビルに入る図書館秋の雨      市原みお
雲高く湧けど叶はぬ子の帰省     佐伯和江


「鳰の子」(主宰=柴田多鶴子)【2011年創刊・大阪府高槻市】
<2021年10・11月号(通巻50号)>
父の忌の規則正しき鉦叩      柴田多鶴子
生きている証かにごる水中花    新谷壯夫
身軽さを身上として蠅虎      岩出くに男
形代の個人情報癖字なり      太田健嗣
さだかにもかすかにも風坊涼し   松本美佐子
山繭の色紡ぎたる深山かな     政元京治
かはほりや皆既月食はじまりぬ   長野順子



「濃美」(主宰=渡辺純枝)【2009年創刊・岐阜県岐阜市】
<2021年11月号(通巻152号)>
虫の夜の耳中の虫も鳴きしきる   渡辺純枝
父母に長き死後あり合歓の花    森川邦子
ことことと廻る昭和の扇風機    野田栄子
ゆつたりと番する浴衣古本屋    松井吉子(*)
日の中に雨の降り出す百日紅    植村紀美子
一本の髪のはりつく極暑かな    花村秀子
畝起こす鍬に崩るゝ蟻の国     福谷龍彦

(*)「吉」の上は「土」


「ひろそ火」(主宰=木暮陶句郎)【2011年創刊・群馬県渋川市】
<2021年10月号(通巻129号)>
きらきらと曲がりて雨の穴惑    木暮陶句郎
降りしきる雨の最中の海開     代 悦子
虹走り車内一気に活気づく     宮﨑句美子
百獣の王炎帝に項垂れり      杉山 加織
神々に近き山住みはたたがみ    岩佐 晴子
凌霄花の子の夢ほどにあるつぼみ  大河原紀子
雷鳴や解けしままの靴の紐     小暮かつみ


「ふよう」(主宰=千々和恵美子)【2005年創刊・福岡県遠賀郡】
<2021年10月号(通巻80号)>
海峡を二手に分かれ鷹渡る     千々和恵美子
太陽が押し上げてゐる鷹柱     安倍真理子
草色に疲れし子供休暇果つ     嶋田春海
秋の潮岩千畳を滑り来る      諌山恵子
端居して煩わしさを捨てさりぬ   長岡順子
地下足袋の出番間近や九月来る   鶴崎才二
銀杏を避くる大股遊歩道      久松明美


「ホトトギス」(主宰=稲畑廣太郎)【1897年創刊・東京都千代田区】
<2021年11月号(通巻1499号)>
集ふこと梅雨憂しとせぬ友ばかり  稲畑汀子
五月闇列車光の箱となる     葛原由起
鮎の川腰の高さに流れけり    笹尾清一路
黄昏の色をもらひしソーダ水   大久保 樹
万緑てふ一本道の万華鏡      中村恵美
虫干の中央に母据ゑにけり     塚本早苗
夏潮を白く拓いてゆく舳先     涌羅由美


「松の花」(主宰=松尾隆信たかのぶ【1998年創刊・神奈川県平塚市】
<2021年10月号(通巻286号)>
くちびるに触れて喉へと心太     松尾隆信
てのひらへ空蝉爪をたてにけり    小瀬村都
遠雷は遠雷のまま書を閉づる     横山節子
夏祓生れ変りの一跨ぎ        木原邦彦
香水の封を切らずの半世紀      中丸しげこ
茄子畑のビニールへ雨さらさらと   伊藤真理子
ゴーヤばかりもらつてくるなお父さん 鈴木大輔


百鳥(ももとり)」(主宰=大串章)【1994年創刊・千葉県鎌ケ谷市】
<2021年10月号(通巻331号)>
流星を見上げ旅籠の庭に立つ     大串章
身のうちになほ濤ありぬ昼寝覚    久保田哲子
蓮の花数千年のいのち継ぐ      鍬形ゆきこ
星涼し父の生涯知らぬまま      江坂衣代
料理店も賢治の像も梅雨に入る    菅野啓子
ゆきつきしところあをぞら蔓てまり  森田佳代子
河鹿聞く山家へ続く石の橋      原田香伯


「森の座」(代表=横澤放川)【2017年創刊・東京都文京区】
<2021年10月号>
円き泉日本のことばあをあをと    横澤放川
土用波ヒト科ヒトをばをどりぐひ   渡辺香根夫
打ち減りし魚鼓に年号樟若葉     吉次薫
転びては飛びては転ぶ雀の子     加藤仁
日曜の子等を集めて田を植うる    西村綾子
標本といはれなきがら青嵐      渡辺多佳子
洗ひ髪風にまかせて聞く葉擦れ    太田量子


「街」(主宰=今井聖)【1996年創刊・神奈川県横浜市】
<2021年10月号>
完泳の五人にバナナ一本づつ    今井聖
Tシャツに透けて肩甲骨笑ふ    竹内宗一郎
昭和とは重工業の草いきれ     太田うさぎ
夏合宿百九十度開く脚       西澤みず季
初鰹均一に切り一人の餉      畠山尚
秋風や汽笛のやうにサキソフォン  蜂谷一人
浮世絵の目して晩夏の配達夫    藤尾ゆげ


雪華(ゆきはな)」(主宰=橋本喜夫(よしお)【1978年創刊・北海道旭川市】
<2021年11月号>
くだら野や火の山神の烽火めく   増田植歌
小鳥来る朝の牛乳あたためて    西川良子
白地着て草書のやうな母白寿    田口くらら
人のあと夜の来てゐる花野かな   星出航太郎
罫線は等しき遠さ小向日葵     柊月子
野ぶだうの連珠ロザリオの連祷   坂本しづよ
真鍮の房架(フック)は月影を知らず     青山酔鳴



【次回の投稿のご案内】

◆応募締切=2021年11月30日
*対象は原則として2021年11月中に発刊された俳句結社誌・同人誌です。刊行日が締切直後の場合は、ご相談ください

◆配信予定=2021年12月5日

◆投稿先
以下のフォームからご投稿ください。
https://ws.formzu.net/dist/S21988499/


【「コンゲツノハイク」のバックナンバー】
>>2021年10月の「コンゲツノハイク」(2021年9月刊行分)【34結社参加】
  →→→ 2021年10月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年9月の「コンゲツノハイク」(2021年8月刊行分)【34結社参加】
  →→→ 2021年9月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年8月の「コンゲツノハイク」(2021年7月刊行分)【28結社参加】
  →→→ 2021年8月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年7月の「コンゲツノハイク」(2021年6月刊行分)【32結社参加】
  →→→ 2021年7月の「コンゲツノハイク」を読む
>>2021年6月の「コンゲツノハイク」(2021年5月刊行分)【33結社参加】
>>2021年5月の「コンゲツノハイク」(2021年4月刊行分)【34結社参加】
>>2021年4月の「コンゲツノハイク」(2021年3月刊行分)【27結社参加】
>>2021年3月の「コンゲツノハイク」(2021年2月刊行分)【29結社参加】
>>2021年2月の「コンゲツノハイク」(2021年1月刊行分)【21結社参加】
>>2021年1月の「コンゲツノハイク」(2020年12月刊行分)【14結社参加】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る