俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志


読書の秋!ということで
俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #3

三島広志


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)増永静人『指圧』医道の日本社、1994年

2)増永静人『経絡と指圧』医道の日本社、1997年

3)Shizuto Masunaga, Zen Imagery Exercises: Meridian Exercises for Wholesome Living, Japan Pubns, 1987

4)平井照敏『俳句開眼―十七音詩型創造のたのしさ』有斐閣、1979年

5)三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』講談社現代新書、1968年

6)市川浩『精神としての身体』講談社学術文庫、1992年

7)黒田杏子(編)『証言・昭和の俳句 増補新装版』コールサック社、2021年

8)坪井繁幸『極意―精神と肉体のドラマ・武道』潮文社、1973年

9)宮澤賢治『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』日本近代文学館、1969年

10)宮澤賢治 『春と修羅』日本近代文学館、1972年


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
三島広志(みしま・ひろし)
1954年広島生まれ、愛知育ち。
所属結社「藍生俳句会」(黒田杏子主宰) 「いぶき俳句会」(今井豊・中岡毅雄共同主宰) 所属。
過去 「鹿火屋」(原コウ子、原裕主宰) 「槇」(平井照敏主宰) 「地表」(小川双々子主宰) 
   「短歌人」「中部短歌」など短歌結社にも短期所属。 
受賞 藍生大賞、藍生賞、藍生新人賞など。
句集 『天職』2020年上梓
ブログ 游氣風信 http://yukijuku.blogspot.com/
Note https://note.com/mishimahiroshi
Facebook hiroshi.mishima
Twitter  @mishimahiroshi


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  3. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  4. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬の月
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  3. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  4. 【冬の季語】鯛焼
  5. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  7. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  8. 【夏の季語】夏至
  9. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  10. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  2. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  3. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  4. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  5. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  7. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  9. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
PAGE TOP