俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志


読書の秋!ということで
俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #3

三島広志


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)増永静人『指圧』医道の日本社、1994年

2)増永静人『経絡と指圧』医道の日本社、1997年

3)Shizuto Masunaga, Zen Imagery Exercises: Meridian Exercises for Wholesome Living, Japan Pubns, 1987

4)平井照敏『俳句開眼―十七音詩型創造のたのしさ』有斐閣、1979年

5)三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』講談社現代新書、1968年

6)市川浩『精神としての身体』講談社学術文庫、1992年

7)黒田杏子(編)『証言・昭和の俳句 増補新装版』コールサック社、2021年

8)坪井繁幸『極意―精神と肉体のドラマ・武道』潮文社、1973年

9)宮澤賢治『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』日本近代文学館、1969年

10)宮澤賢治 『春と修羅』日本近代文学館、1972年


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
三島広志(みしま・ひろし)
1954年広島生まれ、愛知育ち。
所属結社「藍生俳句会」(黒田杏子主宰) 「いぶき俳句会」(今井豊・中岡毅雄共同主宰) 所属。
過去 「鹿火屋」(原コウ子、原裕主宰) 「槇」(平井照敏主宰) 「地表」(小川双々子主宰) 
   「短歌人」「中部短歌」など短歌結社にも短期所属。 
受賞 藍生大賞、藍生賞、藍生新人賞など。
句集 『天職』2020年上梓
ブログ 游氣風信 http://yukijuku.blogspot.com/
Note https://note.com/mishimahiroshi
Facebook hiroshi.mishima
Twitter  @mishimahiroshi


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二…
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  8. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 【春の季語】春月
  3. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  4. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  5. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  6. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  7. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  8. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  9. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  10. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  5. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  6. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  7. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  8. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  9. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  10. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
PAGE TOP