俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#5 渡部有紀子


俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #5

渡部有紀子


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)辺見庸『もの食う人びと』角川文庫、1997年

2)宮本常一『忘れられた日本人』岩波文庫、1984年

3)西脇順三郎『Ambarvalia/旅人かへらず』講談社文芸文庫、1995年

4)柏木惠子『子どもという価値―少子化時代の女性の心理』中公新書、1995年

5)中江和恵『江戸の子育て』文春新書、2003年

6)津久井紀代『有馬朗人を読み解く⑩ 黙示』オリオン社、2020年

7)水原秋櫻子『近代の秀句――新修三代俳句鑑賞』朝日新聞社、1986年

8)西村和子『子どもを詠う』NHK出版、2011年

9)有馬朗人『現代俳句の一飛跡』深夜叢書社、2003年

10)こうの史代『さんさん録②』双葉社、2006年


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
渡部有紀子(わたべ・ゆきこ)
1979年生まれ。「天為」同人。第4回俳句協会新鋭俳句賞、第3回俳人協会新鋭評論賞準賞。俳人協会会員。



【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#4 西生ゆかりさん(「街」)のホンダナ!
#3 三島広志さん(「藍生」「いぶき」)のホンダナ!
#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏…
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆

おすすめ記事

  1. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  2. 【冬の季語】日記買う
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  4. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  7. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  8. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  9. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  10. 【冬の季語】雪野

Pickup記事

  1. 【冬の季語】聖樹
  2. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  4. 【秋の季語】十六夜
  5. 【冬の季語】節分会
  6. 【冬の季語】寒の内
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  8. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  9. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
PAGE TOP