俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり


俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #4

西生ゆかり


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)ロラン・バルト『明るい部屋―写真についての覚書』みすず書房、1997年

2)panpanya『足摺り水族館』1月と7月、2018年

3)川合大佑『川柳句集 スロー・リバー』あざみエージェント、2016年

4)永井均『ウィトゲンシュタイン入門』ちくま新書、1995年

5)ドン・デリーロ『ポイント・オメガ』水声社、2018年

6)カフカ『訴訟』光文社古典新訳文庫、光文社、2009年

7)斉藤斎藤『渡辺のわたし』港の人、2004年、新装版2016年

8)坂口弘『坂口弘 歌稿』朝日新聞、1993年

9)ポール・オースター 、デビッド・マッズケリ『シティ・オブ・グラス』講談社、1995年

10)阿部公彦『スローモーション考』南雲堂、2008年


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
西生ゆかり(さいしょう・ゆかり)
1984年生まれ。第一回街未来区賞。第三回円錐新鋭作品賞白桃賞。第三回新鋭俳句賞(俳人協会主催)準賞。


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#3 三島広志さん(「藍生」「いぶき」)のホンダナ!
#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  2. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  3. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  4. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  7. 【冬の季語】冬籠
  8. 【冬の季語】蕪
  9. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  10. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蓮根掘る
  2. 【春の季語】春分
  3. 【夏の季語】涼しさ
  4. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  5. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  7. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  8. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  9. 【冬の季語】着ぶくれ
  10. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
PAGE TOP