俳人のホンダナ!

【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり


俳人に「ホンダナ」を少しだけ見せていただくコーナーです。

俳人は隠れたブックコンシェルジュですよ。
おもしろそうな本に出会える、はず。


【新連載】
俳人のホンダナ! #4

西生ゆかり


【気になるホンダナの本の詳細はこちら】

1)ロラン・バルト『明るい部屋―写真についての覚書』みすず書房、1997年

2)panpanya『足摺り水族館』1月と7月、2018年

3)川合大佑『川柳句集 スロー・リバー』あざみエージェント、2016年

4)永井均『ウィトゲンシュタイン入門』ちくま新書、1995年

5)ドン・デリーロ『ポイント・オメガ』水声社、2018年

6)カフカ『訴訟』光文社古典新訳文庫、光文社、2009年

7)斉藤斎藤『渡辺のわたし』港の人、2004年、新装版2016年

8)坂口弘『坂口弘 歌稿』朝日新聞、1993年

9)ポール・オースター 、デビッド・マッズケリ『シティ・オブ・グラス』講談社、1995年

10)阿部公彦『スローモーション考』南雲堂、2008年


【気になるホンダナ俳人のプロフィール】
西生ゆかり(さいしょう・ゆかり)
1984年生まれ。第一回街未来区賞。第三回円錐新鋭作品賞白桃賞。第三回新鋭俳句賞(俳人協会主催)準賞。


【「俳人のホンダナ!」バックナンバー】


#3 三島広志さん(「藍生」「いぶき」)のホンダナ!
#2 小谷由果さん(「蒼海」)のホンダナ!
#1 根岸哲也さん(「澤」)のホンダナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  6. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(…
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  8. 【#22】鍛冶屋とセイウチ

おすすめ記事

  1. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  2. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  4. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  5. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  6. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  7. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  8. 【夏の季語】額の花
  9. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  10. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

Pickup記事

  1. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】
  2. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  3. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  5. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  6. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  9. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  10. 【冬の季語】掘炬燵
PAGE TOP