広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【第54回】
宗谷海峡と山口誓子

広渡敬雄(「沖」「塔の会」)


道北の宗谷海峡は、日本最北端宗谷岬と樺太南端野登呂岬の海峡。日本最北端の碑がある岬からはサハリン(樺太)が望め、西へ3キロの地に文化5(1808)年、海峡を渡った間宮林蔵の渡樺出港の碑がある。稚内市は利尻・礼文島への連絡船の基地で、稚内公園には、樺太への望郷の思いの慰霊碑「氷雪の門」、真岡郵便局の9人の乙女の慰霊碑、樺太犬タロ・ジロの記念碑があり、展望塔からはサハリン、利尻礼文、サロベツ原野の360度の絶景である。

宗谷岬と間宮林蔵立像(稚内観光協会)
南極観測樺太犬訓練記念碑(稚内観光協会)

 流氷や宗谷の門波荒れやまず     山口誓子

 秋の風宗谷の波が牆の上       加藤楸邨

 飛雪中碑の文字日本最北端      轡田 進

 氷雪の門樺太は夏霞         小坂順子

 海霧俄かたちまち閉ざす宗谷の門   福永法弘

 葛黄ばむ遠く樺太横たはり      津髙里永子

 雲丹採にかたむき迫る利尻富士    沢田緑生

「流氷」句は、大正15年作。第一句集『凍港』に収録、他に〈凍港や旧露の街はありとのみ〉〈唐太の天ぞ垂れたり鰊群来〉がある。「宗谷海峡を捕まえて詩の一画に置いた感があり、わが俳句の新境地に鉄の草鞋を踏み入れた」(虚子)、「少年時代の樺太の印象に拠り、稚泊連絡船上での嘱目の景。「門波」は万葉語の誓子の造語で、「流氷」はこの句で季語として定着した」(山本健吉)、「樺太での原体験のイメージの展開句、格調の高さ、句柄の大きさ、その素材の新しさに作者の出発を確認する」(行方克巳)の評がある。

流氷とオジロワシ

誓子は明治34(1901)年、京都生れ。本名新比(ちかひ)()。家庭の事情で明治四十五年、外祖父で樺太日日新聞社長の脇田嘉一に迎えられ樺太・大泊で五年間すごした後、京都に戻り第三高等学校に入学。日野草城らの「京大三高俳句会」に出席。「ホトトギス」にも投句を開始した。

大正11(1922)年、初めて虚子に会い、俳号を「誓子(ちかひこ)」から「誓子(せいし)」と改めた。東京帝国大学法学部入学後は東大俳句会にも出席。同13年10月号で「ホトトギス」初巻頭。肺尖カタルで高文受験を止め、一年間の休学後、同15年に大阪住友合資会社に入社。翌年には「ホトトギス」課題選者になり、水原秋櫻子高野素十阿波野青畝と共に4Sと称された。昭和3年に浅井梅子(波津女)と結婚。

宗谷岬と宗谷海峡

同7年には近代俳句の黎明と言われ、虚子の「今の俳句界の誓子君を待つところのものは多大で、辺塞に武を()る征虜大将軍」との最大の賛辞序文の処女句集『凍港』を上梓した。同九年には、満州にも長期出張し、〈ただ見る起き伏し枯野の起き伏し〉〈陵さむく日月空に照らしあふ〉〈掌に枯野の低き日を愛づる〉等の句を発表している。同十(1935)年、秋櫻子と共に「ホトトギス」を離れ「馬酔木」に参加。近代的素材を取り上げ、硬質な叙情句を開拓し、新興俳句運動の旗手を担う。但し、無季俳句とは一線を画した。同13年には体調を崩し、会社を長期欠席する。

宗谷丘陵 海峡と利尻富士(稚内観光協会)

4年後に会社を退職し、療養と俳句に専念。伊勢・富田や四日市の天ケ須賀海岸に住む。同23(1948)年には「天狼」を創刊主宰。西東三鬼、秋元不死男、平畑静塔、橋本多佳子、永田耕衣、津田清子、三橋敏雄、鈴木六林男、八田木枯等の俊英が参集し、戦後俳句の復活に貢献。「根源俳句」を訴求した。

永年「朝日俳壇」選者を務め、芸術院賞、文化功労者顕彰。ロシア崩壊後の平成4(1992)年サハリンを再び踏み、同5年、「天狼」を終刊し、翌年3月26日、92歳で逝去。阪神淡路大震災で倒壊した旧宅を復元した神戸大学内の山口誓子記念館に、関連資料、蔵書が陳列され、〈虹の環を以て地上のものかこむ〉(誓子)、〈毛糸編み来世も夫にかく編まん〉(波津女)の句碑がある。句集は、『凍港』『黄旗』『激浪』『断崖』等二十二句集。他に山口誓子全集十巻、自選句集等がある。

樺太島民慰霊碑(氷雪の門 稚内観光協会)

「昭和俳人で確実に幾百年後の俳句史に残ると断定できるのは誓子一人である」(小西甚一)、「誓子俳句には絵画的構成があり、絵画に対する深い理解がある」(水原秋櫻子)、「秋櫻子は、短歌的、抒情的、詠歎的、誓子は構成的、知的、即物的であるが、その調べや叙法は共通点があり、共に従来の寂、しおり等の古い俳句臭と袂別し、大胆に新しい近代的スタイルを樹立した」(山本建吉)、「即物的で知的でしかも非常な冬の「無」を通して、「無限」な表現をかち得た「冬の作家」」(鷹羽狩行)、「戦中の偽装転向的句業への戦後の心の葛藤に心が痛む」(戸恒東人)等の評がある。

 学問のさびしさに堪へ炭をつぐ   『凍港』

 匙なめて童たのしも夏氷

 七月の青嶺まぢかく熔鉱炉      

 かりかりと蟷螂蜂の皃を食む

 スケートの紐むすぶ間も逸りつゝ

 夏草に汽罐車の車輪来て止る    『黄旗』

 ピストルがプールの硬き面にひびき 『炎昼』

 夏の河赤き鉄鎖のはし浸る

 ひとり膝を抱けば秋風また秋風   『七曜』

 蟋蟀が深き地中を覗き込む

 麗しき春の七曜またはじまる  

 つきぬけて天上の紺曼珠沙華

 城を出て落花一片いまもとぶ    『激浪』 

稚内港北防波堤ドーム(旧樺太航路発着場 稚内観光協会)

 海に出て木枯帰るところなし    『遠星』

 せりせりと薄氷杖のなすまゝに

 土堤を外れ枯野の犬となりゆけり

 炎天の遠き帆やわがこころの帆

 夕焼けて西の十万億土透く     『晩刻』

 波にのり波にのり鵜のさびしさは  『青女』

 蛍獲て少年の指みどりなり

 悲しさの極みに誰か枯木折る

 海に鴨発砲直前かも知れず    『和服』

 冬河に新聞全紙浸り浮く     『方位』

 美しき距離白鷺が蝶に見ゆ    『青銅』

 日本がここに集る初詣   

 修二会見る桟女人の眼女人の眼

幼少の頃より、両親との別離、母の自殺等が原体験として誓子の心に深く根ざしていた。夫人との愛情豊かな暮らしの反面子どもには恵まれず、重ねて健康を損ない栄進の道を閉ざされた。その上、空襲や台風で二度自宅が焼失損壊する等により、ヒューマンなものより無感動で即物的な句が大半を占めるものの、現代俳句の最高峰たることに異論はない。     

(「青垣」24号加筆再編成)

間宮林蔵渡樺出港の地(稚内観光協会)

【執筆者プロフィール】
広渡敬雄(ひろわたり・たかお)
1951年福岡県生まれ。句集『遠賀川』『ライカ』(ふらんす堂)『間取図』(角川書店)。『脚注名句シリーズⅡ・5能村登四郎集』(共著)。2012年、年第58回角川俳句賞受賞。2017年、千葉県俳句大賞準賞。「沖」蒼芒集同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。「塔の会」幹事。著書に『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店)。


<バックナンバー一覧>
【番外ー1】網走と臼田亞浪
【第53回】秋篠寺と稲畑汀子
【第52回】新宿と福永耕二
【第51回】軽井沢と堀口星眠
【第50回】黒部峡谷と福田蓼汀
【第49回】小田原と藤田湘子
【第48回】箕面と後藤夜半
【第47回】房総・鹿野山と渡辺水巴
【第46回】但馬豊岡と京極杞陽
【第45回】池田と日野草城
【第44回】安房と鈴木真砂女
【第43回】淋代海岸と山口青邨
【第42回】山中湖と深見けんニ
【第41回】赤城山と水原秋櫻子


【第40回】青山と中村草田男
【第39回】青森・五所川原と成田千空
【第38回】信濃・辰野と上田五千石
【第37回】龍安寺と高野素十
【第36回】銀座と今井杏太郎
【第35回】英彦山と杉田久女
【第34回】鎌倉と星野立子
【第33回】葛城山と阿波野青畝
【第32回】城ヶ島と松本たかし
【第31回】田園調布と安住敦
【第30回】暗峠と橋閒石

【第29回】横浜と大野林火
【第28回】草津と村越化石
【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
【第26回】小豆島と尾崎放哉
【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
【第24回】近江と森澄雄
【第23回】木曾と宇佐美魚目
【第22回】東山と後藤比奈夫
【第21回】玄界灘と伊藤通明

【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
【第19回】平泉と有馬朗人
【第18回】塩竈と佐藤鬼房
【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
【第15回】能登と飴山實
【第14回】お茶の水と川崎展宏
【第13回】神戸と西東三鬼
【第12回】高千穂と種田山頭火
【第11回】三田と清崎敏郎


【第10回】水無瀬と田中裕明
【第9回】伊勢と八田木枯
【第8回】印南野と永田耕衣
【第7回】大森海岸と大牧広
【第6回】熊野古道と飯島晴子
【第5回】隅田川と富田木歩
【第4回】仙台と芝不器男
【第3回】葛飾と岡本眸
【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
【第1回】吉野と大峯あきら



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッ…
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  4. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  5. 【#21】中国大連の猫
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP