ハイクノミカタ

誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】


誰も口にせぬ流氷の向かうの地

塩崎帆高

前回は友人四人で屋根替吟行をした様子を記事にしたが、その一人、岩田奎がそれを受けてTwitterでこのように反応してくれた。

ごめん岩田。ということで、償いもこめて、彼が調子良かった吟行のことも記しておこう。

網走に流氷吟行に行ったことが2回ある。1回目は2020年3月、コロナが北海道で数人出て大騒ぎになっていた時。2回目は2022年3月のことである。

まずは流氷のサイクルについて軽く説明しよう。アムール川の水が冷たいオホーツク海に流れ込むと、流氷の原型となる氷ができる(凝固点降下や対流の有無による興味深い原理は2017年11月24日刊「毎日小学生新聞」の「Z会ナビ」にわかりやすくまとまっていたのでぜひ読まれるといいと思う)。

この氷が成長したものが、風や海流によって南下し、やがて北海道のオホーツク海沿岸に接岸する。実際に見て驚いたことは、流氷というのはぷかぷか浮いている氷のようなものもあるが、接岸のピークにはびっしりと海を埋め尽くし雪原のようになることである。雪など降ればどこまでが地面でどこからが流氷かわからない。

そして、この押し寄せた流氷は北風と南風のバランスで一進一退する。すなわち、北風の強い2月前半の間は押し寄せる動きの方が遠ざかる動きよりも大きいため、流氷のなす雪原は成長していく。一方、3月になり、南風の強い日などは流氷の群は沖に流される。こうして一進一退しながら流氷は遠ざかり、ついには「海明け」に至る。

僕が網走に2回訪れたのはいずれも3月のことであったが、様子は少し異なっていた。2020年はびっしり接岸していた流氷が翌日一気に沖に流れたのを見た。2022年は暖かく、砕氷船で沖まで出ないと流氷原にゆけないという感じであった。

さて、2回とも「群青」の数名で行ったが、岩田が来たのは2回目の2022年のときである。この時は砕氷船による流氷観察のほか、小規模の自然観察ツアーを借り切って、尾白鷲・大鷲観察、西洋樏を掃いて氷瀑を見にゆく樏行かんじきこう体験、氷湖に穴をあけて行う公魚釣り体験を行った。また網走監獄の観光もした。このあたりの詳述は割愛するが、岩田奎『膚』にはこの時の句が何句か掲載されている。

流氷をかち割る船のなか尿る 岩田奎

砕氷船での一句であるが、海という大きな液体の上に浮く船の中にあって自らの体から出る液体が溜まり揺れる感覚がなんとも不思議で面白いのである。

さて、今回の見出しには塩崎帆高の句を選んだ。彼は「群青」「秋草」所属で、僕から見て「群青」の後輩にあたる。前回紹介した「南風」の大熊光汰とは同い年である(余談だが彼らは共に映画通で非常に仲がいい)。名古屋高校出身の彼は上京して「群青」に入ってくれた。大熊光汰塩崎帆高はまさに大注目の逸材なのでぜひ覚えておいてほしい。

この連載を依頼されて、この二人の俳句だけは取り上げたいと思っていたので、身内の俳句を取り上げることをお許しいただきたい。次回以降は再び身内以外の俳句を取り上げていく。

誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高

この俳句、暗い集団が見える。そして、薄暗い流氷の向こうには暗い大陸がある。オホーツクの暗い曇りの感じがよく出ていて秀逸である。そしてこの俳句が読まれたのは2022年3月4日。そう、ウクライナ侵攻がはじまってからわずか1週間のことである。

ウクライナ侵攻の始まった当初の、あってはならぬことが起きたことに対する絶望と不安を、暗黙の禁忌を浮かび上がらせるかのような「誰も口にせぬ」という叙述により見事に詠んでいる。御多分に洩れずわざとらしい反戦句や戦火想望俳句が横行した俳句界であったが、このようにリアルタイムに沈静した悲しみを詠んだ句にこそ価値があると思うのだ。

板倉ケンタ


【執筆者プロフィール】
板倉ケンタ
1999年東京生。「群青」「南風」所属。俳人協会会員。第9回石田波郷新人賞、第6回俳句四季新人賞、第8回星野立子新人賞。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
>>〔11〕父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二
>>〔12〕トラックに早春を積み引越しす 柊月子
>>〔13〕故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎

【2024年2月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔1〕雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子
>>〔2〕虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣
>>〔3〕人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子
>>〔4〕とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎
>>〔2〕泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟
>>〔3〕時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎
>>〔4〕屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】…
  2. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  3. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  4. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  5. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  6. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  7. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  8. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】クーラー
  2. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  4. 【春の季語】巣箱
  5. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  6. 【春の季語】蜷
  7. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  8. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  10. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  3. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  4. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  5. 【夏の季語】梅雨
  6. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  7. 【冬の季語】裸木
  8. 【冬の季語】白鳥
  9. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  10. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
PAGE TOP