ハイクノミカタ

秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】


秋茄子の漬け色不倫めけるかな

岸田稚魚
(『筍流し』)

 秋茄子は、エロティックな形をしている。夏に収穫される茄子は、小振りで真っ直ぐだ。濃紺というよりは黒光りしていて燕尾服を纏った真面目な紳士を思わせる。皮も果肉も硬く油の吸い込みも悪い。冷やして生のまま食べると瓜とも違う甘みや食感がある。青臭いところもまた夏の茄子の魅力だ。一方、秋茄子は太っているし曲がっているし、歪なのだが、煮ても焼いても食える万能性がある。秋茄子の持つ魅力は、人間でいうところの熟しているところだ。ふくよかであること頑なでないこと曲がっていることは、男女が深い恋をする上では、大切な条件である。

 不倫とは、人道に背く男女の恋のこと。結婚している男性、あるいは女性と関係を持つこと。恋心を抱くだけでも許されない。不倫という言葉に抵抗を持つ人は多い。それは、当然のことである。永遠の愛を誓った伴侶が他の異性に夢中になるのだから。だが、世の中は芸能人の不倫の恋で沸き立つ。してはいけないことをしていることが許せないし理解できないという人が多い一方で、面白がりつつも羨ましく思っている人も多いだろう。私も若い頃は不倫報道に嫌悪感を抱いた。愛してくれる伴侶が居ながらもよそ見する恋愛観も人のものに手を出す行為も。

 残念なことであるが、文学部時代に好きになった小説家が立原正秋であった。ひと世代ほど前の流行作家なのだが、先輩より勧められて読んでしまった。ドラマや映画となり話題となった『残りの雪』も『春の鐘』も不倫小説。学生の頃は、渡辺淳一の『失楽園』も流行っていた。いやいや、高校時代から谷崎潤一郎とか三島由紀夫も読んでいたし、『伊勢物語』や『源氏物語』も不義密通の嵐である。大好きな『古事記』もまた近親相姦や不倫により戦が勃発する。文学が好きな時点で不倫なのだ。

 同級生と恋をして結婚して子供を育てる。幼い頃から夢見たこと。それがとても難しいことだと知ったのは二十歳を過ぎた頃。いつも一緒に過ごして、旅行に行って写真を撮って、手作りのお弁当を広げる。こんなささやかな願いを叶えてくれる恋人に出逢えなかった。それは、私に男を見る目が無かったからだ。小説の中の女性も私と同じような淋しさを抱え、心を満たしてくれる男性と不倫の恋をする。さらには、女性はお肌の曲がり角になる25歳を越えると狂おしいほどの疼きが芽生える。女の体を熟知している大人の男性に溺れてしまうこともあるのだ。不倫の言い訳には全くならないが、既婚の男性には一定の需要がある。

 男性もまた、失われゆく若さへの焦りや家庭での疎外感、仕事の躓きなどから不倫に走ることかある。浮気の後ろめたさから妻に優しくなり家庭円満になったという言い訳もよく聞く。女性にもそういうことはあるらしい。配偶者以外の異性と恋をしたことにより忘れていた思いやりに気が付く。恋と結婚生活は違う。どちらが大切かということも改めて考える機会となる。だが、配偶者から愛され尽くされていることを知りつつも危険な扉を開けるのならば、闇の中で終わらせるべきだ。愛されていればの話だが。

 愛に飢えている男女が惹かれ合い、全ての罪を背負う覚悟で正々堂々と愛を宣言し、所定の手続きを踏んだのであるなら世間は許すのである。祝福はされないのだが。

 そうではない不倫もある。お互いに離婚する気もなく恋を楽しむ関係。男女は、目と目が合った瞬間に恋に落ちる。それは、止められない衝動。性交を表す古語の「まぐあひ」は「目合」と表記する。惹かれ合う想いはどうしても性交へと向かう。若さも老いも生活環境も関係ない。ただ結ばれたい。利口な人は、恋は恋、結婚は結婚として区別し、箱の中に収めてゆく。社会の箱からはみ出すような理性を失うほどの恋ならば、終着点まで行けば良い。人として生きていく以上、守るべきものを見失ってはならない。お互いに守りたいものがある場合は、闇の中の出来事として墓場まで背負うしかない。

  秋茄子の漬け色不倫めけるかな   岸田稚魚(『筍流し』)

 作者は、人間探求派であった石田波郷の弟子。境涯俳句だけでなくスマートな一面も持つ。〈めける〉と表現していることから実際に不倫をしていたわけではないのだろう。50代の頃の句なので、何とも言えないが、老いの焦りや宴席での話題から〈不倫〉という言葉が浮かんだのだ。坪内稔典氏は掲句を高く評価した。俳句で〈不倫〉を詠むのは勇気がいる。茄子漬の描写として、ざわざわしながらも「そんなものなのかも」と思わせてしまう狡さが心地良い。男性には人気の句である。

 諺の「秋茄子は嫁に食わすな」には、二通りの解釈がある。秋茄子のような美味しいものを嫁に食べさせたくないという嫁いびりの解釈と、秋茄子は身体を冷やすので子宝を望む嫁には良くないという健康への気遣いの解釈である。茄子は夏の季語であり、梅雨明けの頃から出回るが、秋のほうが美味しい。盆を過ぎた頃の茄子は、皮も柔らかく実もふくよかだ。味噌汁にしても油で炒めても旨い。8月も終わりになると涼しくなるので糠漬けにするのも良い。瓜や茗荷と一緒に浅漬けにしても、香りや味が染みて涼味がある。嫁に食べさせたくないほど美味しいのも確かだ。現在では、健康への気遣いの解釈が優勢である。茄子の果肉が身体を冷やすことや種が少ないことから子供に恵まれなくなるという迷信等も含めて姑の嫁への配慮と捉えたほうが納得できる。秋になると茄子は、食べきれないほど収穫できるので惜しむ必要はないのである。

 秋茄子は、漬物にすると変色しやすい。変色しない方法もあるらしいが、少々褪せているぐらいが味わい深い。太って曲がった秋茄子は、漬物にするとしなやかな曲線を持つ。褪せた色も激しい主張をしない安らぎを感じる。子育てを終えた男女がしっとりと身体を寄せ合い肉体の味を噛みしめるようなそんな雰囲気がある。恋をするには不適切な年齢に差し掛かった不倫は、いわば最後の恋なのだ。漬けられた茄子の肌の色は淡くも闇を宿している。不倫の闇でありつつも心の通い合う深みがある。若くない茄子が生活の塩気に揉まれ、柔らかく箸を染めてゆく。こういう不倫が一番危険なのだ。ずるずると後を引くから。

篠崎央子


篠崎央子さんの句集『火の貌』はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】
>>〔107〕
>>〔106〕太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也
>>〔105〕冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太
>>〔104〕白衣とて胸に少しの香水を   坊城中子
>>〔103〕きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子
>>〔102〕わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷
>>〔101〕姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ  宇多喜代子
>>〔100〕水喧嘩恋のもつれも加はりて   相島虚吼
>>〔99〕キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子
>>〔98〕さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝
>>〔97〕夏帯にほのかな浮気心かな    吉屋信子
>>〔96〕虎の尾を一本持つて恋人来    小林貴子
>>〔95〕マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人
>>〔94〕五十なほ待つ心あり髪洗ふ    大石悦子
>>〔93〕青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子
>>〔92〕恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子
>>〔91〕春の雁うすうす果てし旅の恋   小林康治
>>〔90〕恋の神えやみの神や鎮花祭    松瀬青々
>>〔89〕妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦
>>〔88〕四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子
>>〔87〕深追いの恋はすまじき沈丁花  芳村うつぎ
>>〔86〕恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典
>>〔85〕いぬふぐり昔の恋を問はれけり  谷口摩耶
>>〔84〕バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子
>>〔83〕逢曳や冬鶯に啼かれもし      安住敦
>>〔82〕かいつぶり離ればなれはいい関係  山﨑十生
>>〔81〕消すまじき育つるまじき火は埋む  京極杞陽
>>〔80〕兎の目よりもムンクの嫉妬の目   森田智子
>>〔79〕馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子
>>〔78〕息触れて初夢ふたつ響きあふ    正木ゆう子
>>〔77〕寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ   小路智壽子
>>〔76〕服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋
>>〔75〕山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子
>>〔74〕恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美
>>〔73〕待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音
>>〔72〕男色や鏡の中は鱶の海       男波弘志
>>〔71〕愛かなしつめたき目玉舐めたれば   榮猿丸
>>〔70〕「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉
>>〔69〕しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫
>>〔68〕背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男
>>〔67〕木犀や同棲二年目の畳       髙柳克弘
>>〔66〕手に負へぬ萩の乱れとなりしかな   安住敦
>>〔65〕九十の恋かや白き曼珠沙華    文挾夫佐恵
>>〔64〕もう逢わぬ距りは花野にも似て    澁谷道
>>〔63〕目のなかに芒原あり森賀まり    田中裕明
>>〔62〕葛の花むかしの恋は山河越え    鷹羽狩行
>>〔61〕呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉  長谷川かな女
>>〔60〕あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信
>>〔59〕滴りてふたりとは始まりの数    辻美奈子
>>〔58〕みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな   筑紫磐井
>>〔57〕告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子
>>〔56〕愛されずして沖遠く泳ぐなり    藤田湘子
>>〔55〕青大将この日男と女かな      鳴戸奈菜
>>〔54〕むかし吾を縛りし男の子凌霄花   中村苑子
>>〔53〕羅や人悲します恋をして     鈴木真砂女
>>〔52〕ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子
>>〔51〕夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子
>>〔50〕跳ぶ時の内股しろき蟇      能村登四郎
>>〔49〕天使魚の愛うらおもてそして裏   中原道夫
>>〔48〕Tシャツの干し方愛の終わらせ方  神野紗希
>>〔47〕扇子低く使ひぬ夫に女秘書     藤田直子
>>〔46〕中年の恋のだんだら日覆かな    星野石雀
>>〔45〕散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの
>>〔44〕春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷川櫂
>>〔43〕人妻ぞいそぎんちやくに指入れて   小澤實
>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓


>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  3. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  4. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  6. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  7. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  8. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬…

おすすめ記事

  1. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  2. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  3. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  4. 動かない方も温められている 芳賀博子
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  7. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  9. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  10. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】

Pickup記事

  1. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  2. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  3. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  4. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  6. 【冬の季語】八手咲く
  7. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  8. 【夏の季語】玉虫
  9. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  10. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
PAGE TOP