ハイクノミカタ

背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】


背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く

村山砂田男
(『夏炉冬扇』)


 『娼婦ベロニカ』という映画があった。ヒロインのベロニカは、貴族出身のマルコと恋仲であったが、身分の違いにより結婚を諦める。元高級娼婦の母親から手ほどきを受け娼婦となり、マルコの寵愛を受ける道を選択する。娼婦となったベロニカの初仕事の相手は、金払いの良い紳士。若く聡明で美しいベロニカを連れ歩き誇らしげである。部屋に入るとベロニカは甘い言葉を発しながら、優雅な手つきでベッドへと誘う。ところが、自身の纏っているドレスを脱ぎ捨てる場面で、ファスナーが引っかかってスムーズに開かない。新米娼婦の慌てぶりに紳士が微笑むと、ベロニカの緊張もほどけ快楽の一夜を済ませる。紳士は上客となり、物語終盤の魔女裁判では、ヒロインの永遠の恋人であるマルコとともにベロニカを擁護する。

 女性服のファスナーは、結構厄介である。ファスナーを覆うようにフリルが施されているデザインもある。ワンピースによっては、背中ではなく右脇下から腰にかけてファスナーが隠されている場合もある。男性の脱がせる喜びを考慮しないのが最新ファッションだ。

 何のドラマだか小説だか忘れたが、奔放な妹が姉の夫を誘惑しようと、ドレスの背中のファスナーを下ろしてくれるよう頼む場面があった。長い髪を右肩に寄せて匂うような首筋をアピール。不器用な姉婿は、背中に垂れているリボンをファスナーに噛ませてしまい下ろすことができない。妹は密かに舌打ちをする。姉婿もまた、妹の色香に翻弄され、出張先で買ってきた高価なネックレスをプレゼントする。妹はここぞとばかりに「まあ素敵。付けて下さる」と言って、にじり寄る。しっとりと汗ばんだ首筋にネックレスを這わせるが、フックが留められない。妹は再び舌打ちをすることとなる。分かりやすい展開なのだが、恋とはシナリオ通りにはいかないものである。

  背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く   村山砂田男

 作者の村山砂田男(むらやま さだお)は、新潟県生まれ。教育者として高等学校の校長まで務める。俳文学者でもあり小林一茶や越後俳人の研究書を残す。俳人としては「萬緑」「さざなみ」の同人、俳誌「すな山」を主宰。当該句は、実体験なのか創作なのかは分からない。

 だが、生活の中ではよくあるワンシーンである。私も、夫と共に結婚式やパーティーに出席し、帰ってきた部屋で「すみません。酔っていて背中のファスナーが下ろせないので手伝って下さい」と言う。最初の頃は、悪戦苦闘して下ろしていたファスナーだが、最近はさーっと下ろしてくれる。時々は、「ウルトラマンのファスナーのよう」と冗談も言う。ドレスを纏った妻は、普段とは違う雰囲気を持っているが、ファスナーを下ろして衣装を脱げば平凡な女に戻る。

 女性のドレスのファスナーをスムーズに下ろせる男性は、プレイボーイである。女性を脱がせることに慣れているのだ。なぜなら、たいていはファスナーに髪の毛が引っかかったり、汗で布地が湿ってからまったりするからだ。スリムなドレスだと、ぎゅうぎゅうに胸を締め付けているので、ファスナーの通りは悪くなる。何回も訓練しないとファスナーを一気に下ろすことはできない。

 背のファスナーを一気に割る技術を持った作者。まどろっこしい恋の駆け引きはせず、容赦なく女性の素肌を剥き出しにさせる。男性のせっかちな行為を女性は、激しく自分を求めるがゆえの情熱のなせる技と受け止める。何の躊躇もなく、ファスナーを下ろせる男性の手練手管な情愛に期待が高まる。外では、蟋蟀が鳴いている。割られた背中の肌に、蟋蟀の冷たい高音が響く。虫の闇に包まれた部屋にて紡がれる男女の営みを予感させる句である。 と、解釈してみたが、〈ちちろ〉が庶民的である。鈴虫ではないのが面白い。相手の女性は、厨房の隅で鳴く〈ちちろ〉と親しい存在なのかもしれない。夫婦間でも、そんな情熱的な夜があっても良いだろう。

篠崎央子


『未踏―高柳克弘句集』は2009年の刊行です ↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>>〔67〕木犀や同棲二年目の畳       髙柳克弘
>>〔66〕手に負へぬ萩の乱れとなりしかな   安住敦
>>〔65〕九十の恋かや白き曼珠沙華    文挾夫佐恵
>>〔64〕もう逢わぬ距りは花野にも似て    澁谷道
>>〔63〕目のなかに芒原あり森賀まり    田中裕明
>>〔62〕葛の花むかしの恋は山河越え    鷹羽狩行
>>〔61〕呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉  長谷川かな女
>>〔60〕あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信
>>〔59〕滴りてふたりとは始まりの数    辻美奈子
>>〔58〕みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな   筑紫磐井
>>〔57〕告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子
>>〔56〕愛されずして沖遠く泳ぐなり    藤田湘子
>>〔55〕青大将この日男と女かな      鳴戸奈菜
>>〔54〕むかし吾を縛りし男の子凌霄花   中村苑子
>>〔53〕羅や人悲します恋をして     鈴木真砂女
>>〔52〕ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき  桂信子
>>〔51〕夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子
>>〔50〕跳ぶ時の内股しろき蟇      能村登四郎
>>〔49〕天使魚の愛うらおもてそして裏   中原道夫
>>〔48〕Tシャツの干し方愛の終わらせ方  神野紗希
>>〔47〕扇子低く使ひぬ夫に女秘書     藤田直子
>>〔46〕中年の恋のだんだら日覆かな    星野石雀
>>〔45〕散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの
>>〔44〕春の水とは濡れてゐるみづのこと  長谷川櫂
>>〔43〕人妻ぞいそぎんちやくに指入れて   小澤實
>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓


>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  2. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  3. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬…
  4. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  5. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  6. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  7. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  8. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  3. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  6. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  9. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  2. 【夏の季語】母の日
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志
  5. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  6. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  7. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  8. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  9. 【春の季語】春月
  10. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
PAGE TOP