ハイクノミカタ

ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】


ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 

鍵和田秞子


昭和46年、鍵和田秞子39歳の時の作(『未来図』所収)。勤務先の先輩教員と結婚して15年。まだ子供を授かることがなかった。子供を生まなかったことを生涯詠み続けた作者だが、その重圧は、現代では計り知れないものであったろう。しかも、教員の仕事と俳句活動と、忙しい妻だったに違いない。実は、料理が苦手であったということも時折、エッセイに書いている。

ご夫君の鍵和田務氏は西洋家具の研究者であり、洋風文化を好む作者とは、気の合う夫婦であった。務氏からの熱烈なアプローチがあり結婚されたとのことであるが、当時も今も結婚は、二人だけのことではない。結婚した女性は、婚家と実家と二つの家を背負うことになる。「郷に入っては郷に従え」とは言うが、そうできない環境があったのかもしれない。結婚当初すでに、確固たる思想を持っていた作者には、自分を押し通そうとする強さもあったのだろう。

ダリヤは、メキシコ原産で、18世紀にスペインにもたらされ、日本には、江戸時代にオランダから長崎に持ち込まれた。メキシコやスペインというと、情熱的なイメージがつきまとう。ダリヤもまた、赤や黄色といった激しい色彩を放つ情熱的な花である。

鍵和田秞子も情熱の人であった。思想の面だけでなく、服装も原色を用いた情熱的な服が多かった。吟行の際、遠くからでも目立つ服をお召しであったのが印象に残っている。鍵和田秞子の俳句は、ファッションセンスの良さを感じさせるものが多い。

〈婚家の家風侵しゆく〉は、自解によれば「想像上の家風への反抗」とある。実際に家風を侵してはいないのであろう。だが、そんな秞子の反骨精神ともいうべき強さは、俳句だけでなく多くの面で弟子達に影響を与えた。未来図の周年記念大会の集合写真を紐解くと、ダリヤのように華やかな色を纏った女性達がずらりと並んでいる。

篠崎央子


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  2. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  3. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  4. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  5. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  6. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  7. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  8. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  2. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  3. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  4. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  5. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  6. 【秋の季語】渡り鳥
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  8. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  9. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  10. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】

Pickup記事

  1. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  2. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  4. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  5. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  6. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  7. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  8. 【冬の季語】綿虫
  9. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  10. 【春の季語】シクラメン
PAGE TOP