ハイクノミカタ

ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】


ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 

鍵和田秞子


昭和46年、鍵和田秞子39歳の時の作(『未来図』所収)。勤務先の先輩教員と結婚して15年。まだ子供を授かることがなかった。子供を生まなかったことを生涯詠み続けた作者だが、その重圧は、現代では計り知れないものであったろう。しかも、教員の仕事と俳句活動と、忙しい妻だったに違いない。実は、料理が苦手であったということも時折、エッセイに書いている。

ご夫君の鍵和田務氏は西洋家具の研究者であり、洋風文化を好む作者とは、気の合う夫婦であった。務氏からの熱烈なアプローチがあり結婚されたとのことであるが、当時も今も結婚は、二人だけのことではない。結婚した女性は、婚家と実家と二つの家を背負うことになる。「郷に入っては郷に従え」とは言うが、そうできない環境があったのかもしれない。結婚当初すでに、確固たる思想を持っていた作者には、自分を押し通そうとする強さもあったのだろう。

ダリヤは、メキシコ原産で、18世紀にスペインにもたらされ、日本には、江戸時代にオランダから長崎に持ち込まれた。メキシコやスペインというと、情熱的なイメージがつきまとう。ダリヤもまた、赤や黄色といった激しい色彩を放つ情熱的な花である。

鍵和田秞子も情熱の人であった。思想の面だけでなく、服装も原色を用いた情熱的な服が多かった。吟行の際、遠くからでも目立つ服をお召しであったのが印象に残っている。鍵和田秞子の俳句は、ファッションセンスの良さを感じさせるものが多い。

〈婚家の家風侵しゆく〉は、自解によれば「想像上の家風への反抗」とある。実際に家風を侵してはいないのであろう。だが、そんな秞子の反骨精神ともいうべき強さは、俳句だけでなく多くの面で弟子達に影響を与えた。未来図の周年記念大会の集合写真を紐解くと、ダリヤのように華やかな色を纏った女性達がずらりと並んでいる。

篠崎央子


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  2. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  3. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  4. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  5. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  6. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  7. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】
  8. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】

おすすめ記事

  1. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  2. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  3. 【冬の季語】鼻水
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  5. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  6. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  7. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(冬)】 
  8. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  9. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  2. 【秋の季語】コスモス
  3. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】
  4. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  6. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  7. 【冬の季語】冬の水
  8. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】
  9. 【冬の季語】雪降る
  10. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
PAGE TOP