ハイクノミカタ

乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】


乾草は愚かに揺るる恋か狐か

中村苑子


先週が「草刈」だったので、今週は「乾草」(干草)を。

この乾草(ほしくさ)は、積み上げられたものだろう。今ではほぼ見られないが、干草作りが手作業だったころは、刈り取った牧草は、日中は広げて太陽に当てて乾かし、夜は雨や露によるダメージを避けるために積み上げておいたという。あるいは、すでにできあがって倉庫などに入れられた干草かもしれない。

夜、積み上げられた干草が揺れている。掲句の「恋」は媾曳だろう。昼間に会えない男女が干草の窪みの底で睦み合っているのだ。その行為自体は「愚か」ではないのだが、遠目に乾草の山がかさこそと揺れているのを見れば、どことなく可笑しくも見える。愚かという表現も悪意を込めたものではなく、見ている自分を含めて、そのような野卑ともいえる光景全体を形容したものなのであろう。

掲句はここまでの景でも十分成立するのだが、作者はあえて最後に狐をもってきた。干草が揺れているのは媾曳かもしれないが、もしかしたら狐かもしれないよ、というのだ。狐は単なる動物ではあるが、いろいろな伝説などがまつわりついているものでもあり、景全体を土俗的なイメージで包み込むような役割を果たしている。

このように句の内容は土俗的でありながら、「恋か狐か」という結句に見られるように、句の構成自体は現代的で洗練されたものだ。このギャップが掲句の大きな魅力となっているのではないか。

講談社「カラー図説・日本大歳時記」より引いた。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


【鈴木牛後のバックナンバー】
>>〔39〕刈草高く積み軍艦が見えなくなる  鴻巣又四郎
>>〔38〕青嵐神木もまた育ちゆく      遠藤由樹子
>>〔37〕夫いつか踊子草に跪く       都築まとむ
>>〔36〕でで虫の繰り出す肉に遅れをとる   飯島晴子
>>〔35〕干されたるシーツ帆となる五月晴    金子敦
>>〔34〕郭公や何処までゆかば人に逢はむ   臼田亜浪
>>〔33〕日が照つて厩出し前の草のいろ   鷲谷七菜子
>>〔32〕空のいろ水のいろ蝦夷延胡索     斎藤信義
>>〔31〕一臓器とも耕人の皺の首       谷口智行
>>〔30〕帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず   細谷源二
>>〔29〕他人とは自分のひとり残る雪     杉浦圭祐
>>〔28〕木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ  陽美保子
>>〔27〕彫り了へし墓抱き起す猫柳     久保田哲子
>>〔26〕雪解川暮らしの裏を流れけり     太田土男
>>〔25〕鉄橋を決意としたる雪解川      松山足羽
>>〔24〕つちふるや自動音声あかるくて  神楽坂リンダ
>>〔23〕取り除く土の山なす朧かな     駒木根淳子
>>〔22〕引越の最後に子猫仕舞ひけり      未来羽
>>〔21〕昼酒に喉焼く天皇誕生日       石川桂郎

>>〔20〕昨日より今日明るしと雪を掻く    木村敏男
>>〔19〕流氷は嘶きをもて迎ふべし      青山茂根
>>〔18〕節分の鬼に金棒てふ菓子も     後藤比奈夫
>>〔17〕ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く    かくた
>>〔16〕しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫
>>〔15〕極寒の寝るほかなくて寝鎮まる    西東三鬼
>>〔14〕牛日や駅弁を買いディスク買い   木村美智子
>>〔13〕牛乳の膜すくふ節季の金返らず   小野田兼子
>>〔12〕懐手蹼ありといつてみよ       石原吉郎
>>〔11〕白息の駿馬かくれもなき曠野     飯田龍太
>>〔10〕ストーブに貌が崩れていくやうな  岩淵喜代子
>>〔9〕印刷工枯野に風を増刷す        能城檀 
>>〔8〕馬孕む冬からまつの息赤く      粥川青猿
>>〔7〕馬小屋に馬の表札神無月       宮本郁江
>>〔6〕人の世に雪降る音の加はりし     伊藤玉枝
>>〔5〕真っ黒な鳥が物言う文化の日     出口善子
>>〔4〕啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々   水原秋桜子
>>〔3〕胸元に来し雪虫に胸与ふ      坂本タカ女
>>〔2〕糸電話古人の秋につながりぬ     攝津幸彦
>>〔1〕立ち枯れてあれはひまはりの魂魄   照屋眞理子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kifu-1024x512.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  2. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬…
  3. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬…
  5. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  6. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  7. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  8. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】…

おすすめ記事

  1. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  4. 【冬の季語】雪
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  8. 【冬の季語】梟
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  10. 【春の季語】冴返る

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  2. 【書評】小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  3. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  4. 数と俳句(二)/小滝肇
  5. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  6. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  7. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  8. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  9. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  10. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
PAGE TOP