ハイクノミカタ

真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】


真っ黒な鳥が物言う文化の日

出口善子


ものを言う真っ黒な鳥といえば九官鳥だろう。九官鳥は、熱帯アジアの森林に広く分布していて、日本には江戸時代に初めて輸入されたという。オウムやインコとともに、人間の口真似をすることで有名だ。

ただ、九官鳥は人工繁殖が国内では難しいこともあってたいへん高価な鳥らしく、私はいまだ本物を見たことはない。

真っ黒な鳥が物言う文化の日

掲句が「九官鳥」と具体的な名を挙げず、わざと「真っ黒な鳥」とぼやかしているのは隠喩としての効果を狙ってのことだろう。「文化の日」という祝日に対するシニカルな目線がそこにある。

11月3日は明治天皇の誕生日で、明治時代は「天長節」と呼ばれ、その後「明治節」となり、戦後「文化の日」と改称された。文化の日には各地で文化祭などの行事が催されるが、国レベルでは叙勲がおこなわれる日でもある。

叙勲、勲章といえば、先日行われた中曽根元首相の内閣・自民党合同葬の際、遺影の下に多くの勲章が飾られていたことを思い出す。元首相の生前の業績を称えてということなのだろうが、もはや勲章の持ち主はこの世にはいない。だとしたら、あれは誰のために飾っていたのだろうか。もしかすると、真っ黒な鳥たちのためなのかもしれない。

真っ黒な鳥は確かに物を言うのだが、それは自分の言葉ではない。だれかの真似をしているだけだ。近頃、真っ黒な鳥の声を聞く機会が以前より増えてきたと感じるのは、私だけではないように思う。

句集「わしりまい」(2005年)所収。

(鈴木牛後)


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  2. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  3. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  4. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  5. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  6. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  7. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  8. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】

おすすめ記事

  1. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  2. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  6. 【新年の季語】松飾る
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  8. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  9. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  10. 【冬の季語】枇杷の花

Pickup記事

  1. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  2. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  3. 【#46】大学の猫と留学生
  4. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  5. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  6. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  9. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  10. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
PAGE TOP