ハイクノミカタ

海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』


海底に足跡のあるいい天気

『誹風柳多留』


きのうは18時ごろ海に出、いざ泳ごうとしたら家人の同僚に会った。海の近くに住んでいるわけでないのになんでここにいるのと聞くと、わざわざ車で泳ぎに来たという。浜辺はとてつもなく広いのに鉢合わせたのはすごい。すごいけど、ただそれだけのこととして、特に長話するでもなく海に集中する。

波のうごきを見、引いてゆく波を走って追いかけて、高波に乗る。乗ってしまえばもう、浮いているだけで楽しい。

平生「自分は生きている」などとことさら意識することはない。それなのに海に浮かんでいると、生きるということをふっと忘れてしまいそうになる自分を発見する。つまりわたしは日ごろそれをしっかり意識しているのだ。だからこそ、忘れそうになれる。

生きるということを忘れると、ごく自然に人は死に引っぱられてゆく。さいきん思うのは、生に対する執着と重力とはひとかたならぬ関係があるのではないかということだ。人は環境でどうにでも変われる生き物だが、もしも地球の重力が今よりずっと小さかったならば、人は生に執着する術のひとつを失い、ふわっ、ふわっ、ふわっ、ふわっとつぎつぎ死に引っぱられたことだろう。

泳ぎ終わり、体を拭いてから、もういちど海に近づいて砂浜を撮る。波が引くと濡れた砂浜があらわれ、またたくまに乾く。まるで肉体が白骨になるかのように。

海底に足跡のあるいい天気  『誹風柳多留』

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔41〕ひまわりと俺たちなんだか美男子なり  谷佳紀
>>〔40〕かけろふやくだけて物を思ふ猫      論派
>>〔39〕木琴のきこゆる風も罌粟畠       岩田潔
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  2. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  3. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  4. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  5. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  6. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  7. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】…
  8. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

おすすめ記事

  1. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  5. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  6. 【新年の季語】左義長
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  8. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  9. 【秋の季語】秋の風
  10. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

Pickup記事

  1. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  2. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  3. 【夏の季語】夏の夢
  4. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  6. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  7. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  8. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  9. 【秋の季語】台風(颱風)
  10. 【冬の季語】鬼やらい
PAGE TOP